2014年4月14日月曜日

低PERと材料による投資法 - 「「鎌倉式」株投資法でストップ高連発株が続々見つかる!」読書感想文

一時期、Twitter経由で賑わせていた鎌倉センセの新書が出たので読んでみました =)。

「鎌倉式」株投資法でストップ高連発株が続々見つかる!
鎌倉 雄介
すばる舎
売り上げランキング: 2,460

「PER中心のファンダメンタル」と「材料」を重視した投資法のようです。


  • 低PER中心
    PERの絶対的な数値(例えばPER10倍未満等)は挙げられてなかったので相場の状況で変えるのだと思います。PERの扱い方として特損・特益を排除する必要があるとのこと。
  • PBR/ROEは参考程度
    ROE中心だと不思議と儲からないもの、なんだそうな。なんだそりゃ、とは思ったもののやや同意だ。
  • 材料は四季報・新聞から見つける
    鎌倉センセなりの材料の見つけ方が紹介されてます。ブログでも材料について(買ってから?)明言しているので感覚を養いたいのなら購読してみては如何でしょうか。


他にも空売りや分散投資についてもコメントされてます。この辺はブログのまとめに近いですかね。

複雑な投資法という訳ではなく、PER以外はアートの部分が強い印象でしょうか。賞味期間の短い材料を中心に取り上げているので売買タイミングも重要になるでしょう。本書ではテクニカルについてはあまり気に掛けていないようですので、タイミングについては自分で見出すか他の書籍に頼った方がいいかもしれません。

推奨銘柄は、流動性の少ない中小型株が多いので時折、自分で相場を作っている感じの状況があるように感じました。取り扱う場合、アクロバティックな売買になってしまう事も加味した方がいいかもしれません。

---

個人投資家の書籍でありがちなのですが、自分語りがやや多い印象を受けました。株主総会の質疑応答で前説の長い爺さんにウンザリする、あの感覚と言ってもらえれば分かり、やすくはないな。読者にサービスするのが主目的ならもう少し、主張を簡単にまとめてもらえるとありがたいです。

次があれば、ですが。


0 件のコメント:

コメントを投稿