2016年12月4日日曜日

6086 シンプロメンテ、3093 トレジャー・ファクトリー - 今日の決算説明会さん

決算説明会(@gantky1)さん、まとめページ

6086 シンプロメンテ


シンプロメンテは、外食関連のメンテナンスのアウトソーシングを行っている企業です。四季報の同業他社に2453 JBR9616 共立メンテ2304 CSSHD






15.10.18からの続きになります。



3093 トレジャー・ファクトリー


トレファクは、リサイクル店を経営する企業です。四季報の同業他社に2674 ハードオフコーポ2780 コメ兵3181 買取王国






15.04.12からの続きです。


気になった点をあげてみる。

  • ドミナント効果が薄い?
    しばらくは厳しいでしょうね。お店同士で商品を融通し合う体制ができるのは暫く先かと思われます。事業展開を広げるためには見知りでない土地にも店舗を置いていく必要があるのでしょう。店舗が広がる内にドミナント効果が増えてくるんだと思います。
  • ブランド古着のM&A
    トレファクでもブランド品を扱っていないわけではないので、何らかのシナジーが出てくると面白いかもしれません。。ブランド古着自体は、ゲオHDのジャンプルストアの月次をみる限り、追い風にあると思ってます。
  • 出店した直後は月次が落ちる傾向がある
    この現象は前からあって、飲食店の逆ですね。IRの人に聞いた話だと、新規出店すると既存店から販売する商品を分けてもらうことになるので、販売する商品が減るので一時的に売上が落ちるんだそうな。他から商品を購入するでしょうから粗利も落ちるでしょうね。
    買取と販売のバランスが取れるまで時間が掛かるらしく、出店してから半年~1年くらいから利益に貢献してくるんだそうな。
    で、今久しぶりに月次を確認してみてるんだが、ここ数年は出店しても既存店が強かったんですね。こりゃ凄い。私が知ってるのは2013年あたりまでの月次でして2015年の月次からは不安を感じさせない感じですね。
    この話は上場直後にIRの人に聞いた話でして、状況は変わりつつあるのかもしれません。
  • 株価について
    同業他社と比べても今くらいがちょうどいいんだと思います。一部で煽られすぎたんでしょう。私は比較的安全な投資期に入ったのであろう、という認識です。投資から収益まで時間が掛かる事業ではあるものの、安定したキャッシュフローは魅力です。

面白いと思うんだけどなぁ。


0 件のコメント:

コメントを投稿