2016年5月31日火曜日

今日の雑談 (5/31)

コンテナ船最大手であるマークスが日本直航を止めるんだと


Twitterの呟きを拾うだけのお仕事です =)



2016年5月30日月曜日

今日の雑談 (5/30)

3224 ゼネラル・オイスター(旧ヒューマンウェブ)の修正された中計をみながら感じたことなど



やっぱり中計の下方修正、来ましたよね。

年初あたりにヒューマンウェブどうよ?って聞かれた時にチョイ調べたんですよ。その時は、積極的な中期経営計画と牡蠣という商品性が面白いなとは思ったんですが、その時点での資料でも既存店売上があまり宜しくなくて、彼が聞いた感じでは競合との兼ね合いと説明を受けたと言ってましたっけ。

利益は目を瞑るにしろ、売上の伸びが出ていない状況で強気の中計だけを信じるというのはいささか危うい感じがするんで、3ヵ年中計の最終年の手前あたりで、開示されている中計の数値がしっかり出せそうなら投資価値がありそうだ、と返答した記憶があります。

その後、競合店の増加を理由に下方修正を出しています。

--

事業としてはまだ死んでいないとは思ってるんですよ。

折角の牡蠣のブランド化が上手く行っていないというか、価値を見いだせていないあたり今後、どのように展開していくのかあたりがキモだと思うわけです。

まあなんでこんな長文を書いたかというと、近場にゼネラルオイスターのお店があるらしいのを今気が付きまして、今度、ちょっと査察に行ってこようかと思ってるんですよ =)。

美味かったら買い、それでいいじゃないですか投資なんて =)

【株主総会メモ】 2337 いちごHD (16.05.27 日曜日開催)

株主総会メモまとめ



2016年5月28日土曜日

今日の雑談 (5/28)

おまいら、Kindle本の大規模セール始まってるぞ


Kindle本セール 50%OFFまたは50%ポイント還元

6/2まで。

取り敢えずセールが始まったら買おうと思ってた本のリストを見直してるとこ。


ユニクロのセール、行ってきた




思ってたよりは人が入ってなかったけど、それでもレジに列が出来るほどには混んでた。今回はお高いエアリズムの追加購入と期ズレした上っ張りの購入、後、汎用的なポロシャツをチョイチョイ摘んだ。靴下とかは安くならないのでジーユーで買ってる。

今回のセールは、従来品の下着類やシャツを値下げしたのを認識させるために行ったように感じてる。所々に今のこの価格は昔の高い値段かもしれないけどレジで安くしているからね?って文字が目についた。「高い」というイメージをどうしても払拭したいんだろう。

安倍ちゃんの国策に追従した被害者というか、政府にハシゴを外されたようなものだしね。彼の政策を信じようと思う経営者も減ったんじゃないかな。





人の欲が経済を作る


大多喜町はふるさと納税で1万円以上の寄付をした人への返礼品の1つとして、町内での買い物などに使える商品券、「大多喜町ふるさと感謝券」を寄付額の60%を上限に発行しています。
ところが、商品券がインターネットのオークションで転売されるケースが相次いだほか、町とは関係のない高級ブランド品や家電製品などを商品券で買うことができる店が町内に複数出店したということです。
-- ふるさと納税で商品券 発行取りやめへ 千葉・大多喜町 | NHKニュース

まるでクレカ目当ての街金だw

我々の市に入るはずの税金がこのような心のあたたまる使われ方をするとは実に素晴らしいことです。もう衰退する地方は自己責任ってことでいいよね?


実際の参加株主数と違うんですよ、それは




答えは簡単。今回から試供品を配らないとアナウンスしたから、出席者数が減ったんです。

試供品があるから参加する株主さんが多いというのもあるんですが、それ以上に試供品欲しさに大量に議決権行使書を持ってくる株主が結構いるんです。法的には実に危ういことをやっているのですが、その辺はツーカーというか、お互い見て見ぬふりをしてオミヤを渡すということが横行してるんですわ。

少し前までヤフオクで議決権行使書が売買される事案もありました。今検索したところ、流石に検索には引っかかりませんが、他では未だに横行してるかもしれませんね。

株主総会の受付で、明らかに女性の名前の議決権をおっさんが窓口で揉めているのを見たことがあります。おっさんの嫁の分もオミヤが欲しかったっぽいんですが流石に引き止められた模様。もっと酷いのになると議決権行使書を複数受付に出してオミヤを貰おうとしているオバちゃんを見たことがあります。この場合、代理人の手続きが必要なんだけどそれをやってもオミヤは与えられないという交渉をみて更に激昂するというね。

他のブログで見たネタなんですが複数、議決権を持ってきたおばちゃん、交渉決裂した後、受付から去り、その後一枚ずつ議決権行使書を出して往復するという涙ぐましいのもありました。本人確認とか求めたらブチ切れそうだ。

【株主総会メモ】 9861 吉野家HDでも取り上げたんだけど、会場である中野サンプラザの収容人数は2222名なのに何故か3500名参加者がいたりしてお察し案件なわけです。食事券を配らないと宣言した年は1000名程度の参加者というね。

だからね。

毎回、公式の参加者が公開されてるのを知っててもなお、参加者数をメモしているのは実際参加している株主数の方が重要だと思ったからなんですよ。

偉いぞ俺。


日本HPのプロモツイート、ワロタw




なおフォローは未だにしていない模様。

【株主総会メモ】 6173 アクアライン (16.05.27開催)

株主総会メモまとめ




2016年5月25日水曜日

株主総会メモまとめ


さくせいちゅう。しばらく時間がかかるお。

2017年






2016年




2015年










2014年以前





工場見学




関連ページ




【株主総会メモ】 3198 SFPダイニング (16.05.25開催)

株主総会メモまとめ



2016年5月24日火曜日

今日の雑談 (5/24)

3192 白鳩の役員の方と話す機会があった時のメモ



3/16にフィスコのセミナーに参加したのですが、その時に5社位、IR担当が来てまして、その中にパンツのネット販売を行っている白鳩が参加していたので色々聞いた時のメモが若干残っていたので記載してみるテスト。

2ヶ月前の話なので記憶が抜けていたらスマソ。つか既にかなり忘れてる。

3/16時点では1Q決算を発表している段階でして、2Q決算は発表されていません。私の目論見ですと1Qは異常値で2Qは正常値に戻り売上が1Qより減少する、という見通しを立てていました。そんな空気を読みながら読んでいただきたい。

  • 1Q決算の売上は異常値なのではないか?
    予想以上に売上を伸ばしたが利益ベースでは左程ではなかった。1Qの11/11に中国で「独身の日」というセールスが行われた。このセールに中国の楽天に近いサイト(天猫国際)に出店した所、売上が飛躍的に伸びた。楽天セール長期化の影響も受けた。
  • 2Q決算予想を出さなかったのは何故?
    1Qの特需がどの程度か予想できなかった。
  • 改めて中国市場どうよ?
    日本と勝手が違うので手探り状態。今は経験値を積んでいる状況。
    現地の人を8名+2名で運営している。例えば中国で好まれる下着の色は赤が好まれるようだ。赤というのは日本ではあまり売れない色なので、メーカーに依頼しなければならないのだが、いきなり「赤が売れるから入庫しろ」と言われることが多かった。この手の用意でコストが嵩んだ。
  • 在庫管理どうよ?
    1万アイテムでサイズを含めると15万SKUに及ぶ。20年のネット販売の実績とノウハウがある。ナショナルブランドは半年程度先に生産予約しなければならないので、在庫調整は結構難しい。下着なので比較的長く在庫を持てる利点はある。
  • 楽天での競合どうよ?
    楽天内でのインナーでは一番売れている。リピーター多い。単に商品を届けるのではなく女性の心をつかむ工夫を続けている。

    色々こまめなサービスをしている話があったんだが記憶から消えてしましましたorz。
  • 1人あたりの平均単価どうよ?
    5000円
  • 海外展開の数値目標どうよ?
    目標は持っていない。売上10%以上になったら開示対象になる。
  • 月次どうよ?
    予定ない。開示することで投資家が誤った判断をするのを懸念している。

    その判断は投資家に委ねるべきだ、という話はした。誤解が無いよう、言葉を重ねる必要があるだろう。
  • 中期経営計画どうよ?
    出す予定はない。

彼ら曰く、下着のZOZOタウンを目指しているらしい。

暖冬の影響でアパレル勢が下方修正している状況でしたので、2Qの決算はよくないのではないかと思ってました。なので決算前にかなりのポジションを落としたのですが、2Q決算を見た感じですと割と悪くない成長をしていたので少しだけ買い戻しています。

正直な所、越境ECとして取り上げるにはやや力不足という印象でした。それでも日本製品が海外で売れるというのはナカナカ気持ちが良いものでして、今後も是非トライしていただきたいとは思ってます。

高い成長性は期待するのは酷だとしても安定した成長は期待できそう、というのが私の印象です。

1時間あまり、白鳩の役員さんを囲った、というか誰も質問に来ないんで好き勝手に質問してました。それが原因かどうかは知らないのですが、帰り際、名前を聞かれるという始末。たまに聞かれるんですが、こいうことって多いんですかねえ。

3221 ヨシックス、9625 セレスポ - 今日の決算説明会さん

決算説明会(@gantky1)さん、まとめページ

3221 ヨシックス


ヨシックスは、'14/12に上場した居酒屋チェーン店です。四季報の同業他社に3193 鳥貴族7524 マルシェ3082 きちり








15.06.07からの続きです。

立会外分売を申し込み忘れて慌てて指し値を出したものの刺さらず呆然としている私が来ましたよorz。現時点(5/24)で決算説明会の動画は公開されていない模様。

月次は公開されているようで何より。上記の通り、月次は堅調でこのまま行けば予想を上回る業績を残しそうです。

外食なので一度は偵察に行きたいと思ってるのですが、ナカナカ機会がありませぬ。

決算説明会動画待ち。



9625 セレスポ


セレスポは、イベントを運営する企業です。四季報の同業他社に2173 博展4317 レイ4767 TOW









これはまた興味深い銘柄を拾ってきましたね。パッと見た感じ気になった点を挙げてみる。

  • 特命受注が3/4を占める
    イベント屋さんの受注の多くは入札かと思われます。入札ではなく特命ということは、この企業でなければできないお仕事であるとみられている証でしょう。ある程度の利益率を維持でき、収入も維持しやすいはずです。
  • 利益率は同業他社並み
    イベント屋さんは、ある程度の人数を必要とし効率化がしにくい事業構造かと思われます。また賃金が高いことでも知られています。となると、どうしても利益率は平準化してしまうのは仕方ないところでしょう。
  • 土地が多い
    サービス業ですので有形固定資産は少なめなところが多いので、気になりました。西尾レントの記載があったので、イベント用機材なのかと確認してみたのですが、有形固定資産の37億円の内、土地が33億円と殆ど土地がでした。それ以外の有形固定資産は減価償却済みなところをみると、直近では殆ど設備投資していないと考えられます。事業に関連する土地なのかそうでないのかで判断が分かれますね。どっちだろ。
    土地については事業リスクに書いてありました。
    「主として本社並びに物流センター及び支店等として使用しており、現在、売却する予定はありません」とのこと。場所によりますが減損リスクはありますね。

決算説明会資料から今回修正した中期経営計画を抜き出してみる。


高い成長性は望めないものの、安定した売上と利益率向上には期待したい所。

--

纏めると、比較的安定した収益が期待できる事業の割には、確かに同業他社より評価が低いように感じます。特に配当利回りは魅力ですね。

スポーツイベントが強いようですので、オリンピックに向けたスポーツイベントが増えるにつれ相場のテーマとして引き上げられる可能性は高いように感じました。でも、売上はそれほど増えないというか、増えにくい事業ですよね。

2148 ITメディア - ジェイリバイブ (16.05.20週次)

ジェイリバイブ(SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ) まとめページ

2148 ITメディア


ITメディアは、インターネット系の情報発信サイトを運営する企業です。四季報の同業他社に3754 エキサイト9479 インプレスHD9449 GMOインターネット

今週は、国内最大規模のIT総合情報サイトを中核として成長を続ける「アイティメディア」をご紹介いたします。同社は、IT技術 者向け専門情報サイト『@IT』、IT業界関連ニュースサイト『ITmediaニュース』、製造業技術者向け情報サイト『MONOist』など、 IT分野での有力サイトを数多く運営しており、それらの記事本数は合計で月4,000本、読者数は2,000万人、うち登録会員は 100万人に及んでいます。専門知識豊富な100人の内部記者と1,000人の外部記者が作成したオリジナル記事は高い評価と 信頼性を得ており、企業のシステム部門担当者などIT分野で活躍する読者にとって不可欠の存在となっています。それだけ に、この媒体価値にはIT関連商品・サービスを販売したい企業が着目しており、その広告収入が同社の主要な収益源となって います。

同社はこうした広告収入だけに留まらず、“リードジェネレーション”と呼ばれる新たな形の販売活動支援にも注力していま す。これは自社サイト上に掲載した技術情報やレポートを閲覧した会員について、承諾を得た会員情報を見込み顧客情報 (リード)として生成・収集(ジェネレーション)し、このリストをもとに顧客企業が営業アプローチをかけることができるという、イン ターネットならではの見込み客発見サービスです。このサービスについて同社は、2006年から米国「TechTarget」社と提携する ことで先進ノウハウを蓄積して売上を伸ばしてきましたが、2015年には国内で最大の競合であった「キーマンズネット」を譲受 し、国内で圧倒的なシェアを獲得するに至りました。このサービスは早くも広告収入に続く2本目の柱となりつつあります。今後 も同社は時代の変化に合わせて質の高いメディア運営を続けながら、ユーザーと顧客企業を結び付ける多彩なサービスを生 み出すことで継続的な成長を図っています。

16.01.29の続きです。


今期からIFRSに会計を変更するとのこと。多分、のれん代との兼ね合いからかと思われます。今後もM&Aを続ける予定なのでしょう。

今期の業績予想も悪くなく、順調な成長過程にあると言えるでしょう。しかしまあ説明会資料に「ねとらぼ」が広告の主力となっているというのは割と違和感あるんですが、Twitter等で目立つとやっぱり効果があるんですかねえ。


  • http://apl.morningstar.co.jp/webasp/pdf/weekly/2006073104_W_20160520.pdf

2016年5月23日月曜日

今日の雑談 (5/23)

機会平等と結果平等


平等でないことで不満が溜まってるんだとか。

平等は、機会平等と結果平等と分ける必要があると思うんよ。機会平等は自由恋愛による結婚だとすると、結果平等は統一教会の合同結婚になるだろうか。

どっちも平等ではあるが、どちらの平等を選ぶかというと多分、多くの人は機会平等を選ぶと思う。恋愛が上手く展開出来ないとそれに対して不満が溜まると言われても、じゃあ社会全体が合同結婚にするべきだ、というと違和感があるはずだ。

--

昔より今は平等ではない、という。そうなんだろうか。

理想社会には程遠いかもしれないが、昔よりは機会平等が増えているだろうし、チャンスを掴んだ人は大きなおカネを手にできる社会であるとは思う。全てが全てとは言わないが昔よりはマシだろう。

先天的に平等で足り得ないことは多い。

生まれながらに美形で産まれる人もいれば、親から資産を受け継いだ人もいる。才能も先天的な能力が多いだろう。平等ではないし、これが格差の原因だ、といえばそうなのかもしれない。

--

最近の違和感は、機会平等、結果平等に係わらず、増税によって平等にしようという流れだ。資産を受け継いだ人や努力の末に資産を築いた人に増税をすることで資産の平等化を図ろう、といった感じ。

これって結果平等のための施策に思えて仕方が無いんですよ。ある程度、税負担を担ってもらうのは仕方ないとしても、どうもバランスを崩しているように感じるんです。

--

そこで僕は提案したい。

高学歴に増税を

増税分を今の学生の学費に当てることでバランスの取れた平等が確立できるのでは、と。

正味な話、「学歴なんて関係ない」とか嘘吐きばかりの社会ですよ。スタートラインは同じとか嘘ばかり。学歴の高い連中には成功確率の高いチャンスが割り当てられ、学歴の低い連中には誰にでも出来るような仕事か、成功確率が極めて低いチャンスが割り当てられ、仮に成功したら学歴の高い連中がかっぱらう、それが日本の学歴社会じゃないですか。

医者や研究者等、社会の負担が大きい学歴の連中が、それを活かすこと無く専業主婦(主夫)になるとか、どんだけ機会損失を社会に与えているか。

だから平等にするんです、増税で。


6409 キトーの決算説明会動画を見ながらメモ


大体、決算が終わってから2週間くらいしてから決算説明会動画が公開されるのですが、今回はちょっと早めでした。今見ながらメモを書いてる。今回の動画は中計付きらしい。

  • 4Qの日本・米国は堅調だった
    3Q決算と同時に下方修正を開示した。コンサバに見た分、想定していたよりも堅調に推移した。円高の影響で米国の在庫評価が変化したことにより若干利益が上がった。会計理由。
  • 日本は堅調
    期待の土木・建設の設備投資が戻りつつあり堅調な状況を維持。
  • 米国はM&Aを行ったピアレス社が不調
    ピアレス社は資源マーケットに依存する事業。原油安の影響より米国のシェールオイル、カナダのサンドオイルが減産に追い込まれた影響を受けたと思われる。3Q、4Qはやや弱含み。
  • 中国は状況悪化が続く
    事業規模が30~40%縮小している状況。全体からすると頑張っているのではないかと思っている。中国が足を引っ張っていない。
  • タイ・インドネシアは収益改善できた
  • 今期は日本・米国は横ばい予想
    米国は周期的な低迷になっていると考えている。悲観的には考えていない。大統領選のエネルギー対策については先が読めない。
  • 今期の中国も先が読めない
    鉄鋼の価格が反転し始めているのだが、健全な反転ではないと見ている。しばらくはじっと我慢。
  • 現在のブラジルの経済状況は最悪
    だがブラジル事業が立ち上がりつつある。期待できそう。
  • 今後は製品の拡張による成長を目指す
    市場の拡大は期待できないことによる。
  • 中計の前半は事業の足腰の強化、キャッシュの増加を目指す

私がキトーをみている理由は、キトーという小さな企業から世界全体を俯瞰できるからです。ホイストという製品は、製造業の設備投資では必要不可欠なのです。キトーは欧州以外のシェアは高く、各地の製造業の景況感をに強く影響されるんですよ。

変な統計よりずっと現実的です。私はそう思ってます。

3068 WDI、4681 リゾートトラスト、3692 FFRI - 今日の決算説明会さん

決算説明会(@gantky1)さん、まとめページ

3068 WDI


WDIは、多ブランドのレストランを運営する企業です。四季報の同業他社に3387 クリエイト・レストランツ HD2798 ワイズテーブルコーポ3073 ダイヤモンドダイニング




WDIというより、外食全体の問題として出店コストが多く掛かることが経営の重荷になりそうな流れになりそうですね。外食やアパレルは、新規出店が成長の軸になります。出店コスト以外にも人件費も嵩むでしょうから、居抜きとか難しくなりそうですよね。

国内での成長性はある程度は弱まるかもしれません。海外戦略を持った外食やアパレルの方が面白い展開が期待できそうです。

ちなみに近場のラゾーナ川崎にガンガン出店しているようです。優待貰っても困りそうもないな =)。

経営の雰囲気はなんとなく分かったが動画は見なくてもよかったかも。



4681 リゾートトラスト


リゾートトラストは、リゾートホテルを運営する企業です。四季報の同業他社に5261 リゾートソリューション9708 帝国ホテル9713 ロイヤルホテル





ジェイリバイブの方で取り上げています。


詳しくないので紹介のみ。どうもこの手の銘柄の魅力を引き出せる気がしない。




3692 FFRI


FFRIは、セキュリティ対策ソフトを開発・販売する企業です。四季報の同業他社に4704 トレンドマイクロ3394 ネットワークバリューコンポネンツ4288 アズジェント






15.11.17からの続きです。

広告戦略を販売店に重点を置くのは多分、正解でしょう。ただ、最近の家電量販店の販売動向をみると、明らかに同業の販売員が減少している状況でして当然、耳を傾けるお客さんも少ない状況です。冷え込んだ状況で広告費を突っ込むというのは費用対対価が悪くなるのではないかと懸念します。

例えば、英会話教室で一時期、NOVAが凄まじい広告戦略を展開していましたよね。これ、NOVAだけが儲かるわけではなく、英会話教室全体の需要喚起を促していた状況で、同業他社もかなり儲かっていたんですよ。その後、NOVAの経営が傾いた状況で英会話教室の広告が減少した時には、同業他社の売上も大きく下がることになります。特にマーケットリーダーの広告戦略は注目した方がよいでしょう。雑談ですねコレ。

纏めると、セキュリティソフトウェアだけの需要はほぼ飽和していると思われます。メジャーの領域で戦うよりは、ニッチの事業展開を検討した方が成長余地があるのではないでしょうか。

ビミョー。



3538 ウイルプラス HD - '16/04の「担当ファンドマネージャーの見方」

大和住銀日本小型株ファンドまとめページ

3538 ウイルプラス HD


ウイルプラスHDは、輸入車販売を行っている企業です。四季報の同業他社に8298 ファミリー3184 ICDA HD7623 サンオータス

<外車販売業界の風雲児>

国内メーカー系自動車ディーラーと同様、外車販売業界は、既得権の強い保守的な業界です。特に、ドイツ系以外のメーカーは日本市場での存在感が小さく、一部のファン以外に売れることが望み難いため、ディーラーにも積極展開をあまり期待していません。そういった状況で異彩を放っているのがウイルプラスホールディングス(3538)です。

同社は1997年に北九州で創業した外車ディーラーで、ジープから販売を開始し、2005年には東京進出を果たしました。2007年からはM&A(企業買収・合併)による事業拡大を開始し、フォード、フィアット、BMW、ボルボと取扱メーカーを拡大し、外車販売業界で販売台数10位クラスにまで躍進しました。2014年には、実験的に日本では珍しい5ブランドの併売店も出店しています。

同社の経営手法は、ある意味で極めてオーソドックスなものです。趣味的な業界にありがちな属人性の強い営業を改め、チームワークを重視し、収益拡大につながる顧客への接触回数や中古車の下取り率、整備や保険の付帯率といった数値管理を重視することで、買収先の業績改善に成功しています。もともと業績の良い販売店を高く買うことは行なっていないため、売上高200億円突破が見込まれる現在も貸借対照表ののれん代はわずか6億円に過ぎません。同社の経営手法は、国産車販売の世界で風穴を開けつつあるVTホールディングス(7593)とも共通する点が多くあります。

近年、日本の自動車販売に占める外車比率は約9%まで上昇してきましたが、それでも世界的には非常に低い水準です。消費者の多様化する嗜好を実際の販売にまでつなげられるディーラーにとっては、成長余地は大きいと言えるでしょう。

'16/03上場。


輸入車販売は、どこもフォルクスワーゲンのブランドイメージ低下による売上減が影響しているようです。

この企業の強みは積極的なM&A戦略のようです。国内の自動車需要を考えるとパイの拡大は考えにくく顧客の奪い合いになることが予想されます。大手ディーラーは規模の経済性を活かした経営が出来る一方で、中小ディーラーは在庫に悩まされることになるでしょう。このような状況ですので大手ディーラーが中小を取り込みやすい環境が揃っていると考えられます。

M&Aで吸収した企業の業績向上を戦略の一環にしているようでした。上場する意味もこの辺りにあろうかと思われます。7593VTHDと同じ戦略ですね =)。

動画の説明では、後継者問題にも遭遇しているようでして、高齢者の経営者がM&Aに応じるケースも増えてるんだそうです。以前、話題に上げた6080 M&Aキャピタルも同様の流れで事業を展開している所を鑑みると、この後継者問題というのは長期投資テーマになりそうですね =)。


上場前ではM&Aを控えてきたが今後、更にM&Aを行いたい、とのこと。業界3位目標、ゲームチェンジャーになりたい。

--

纏めると、割と面白い業態ではあるのですが何せ同セクターのPER/PBRが低いのが難点でしょうか。不人気セクターのようですので高い成長性を維持し続ける経営手腕がないとナカナカ株価には反映されない気がします。

優待はよ =)。

3679 じげん、6882 三社電機製作所 - 今日の決算説明会さん

決算説明会(@gantky1)さん、まとめページ

3679 じげん


じげんは、求人・生活関連サイトを一括検索するサービスを提供している企業です(事業の概要)。四季報の同業他社に2371 カカクコム2193 クックパッド6054 リブセンス





人材関連のネットサービスはまだまだ伸びる余地はありそうな感じは受けるのですが、どの程度のパイがあって、どこまで成長するのかビミョーに分かりにくいあたりが引っかかるというか、、、

いつものB/Sの確認。GMOクリック証券の財務分析より。


のれん代が1/3占めている状況です。今後もM&Aによる成長を目指すのならIFRSへの会計変更の方が見栄えの良い決算になりそうです。



6882 三社電機製作所


三社電機製作所は、電源機器とその半導体回りを製造している企業です。四季報の同業他社に6707 サンケン電気6624 田淵電機6844 新電元工業




電源回りは各社、得意分野があります。この企業は、太陽電池で使われるパワーコンディショナーと呼ばれる電源装置を得意としています。直近の業績は、太陽電池に出される補助金の減少より売上を落としているようです。今期の業績予想は、同業他社と比べると利益率の減少幅は低いものの減収減益は避けられない様子。

割と強めな新中期経営計画を出していたので張ってみる。以下は決算説明会資料より。


製造業ですのでナカナカ自力で売上を伸ばすのは難しいと思われるのですが悪くないですね。

いつものB/Sの確認。GMOクリック証券の財務分析より。


製造業の割に設備投資は少なめなのかもしれません。

総資産と同じく売上も大きく伸びることなく、製造業の割には安定した売上を計上しています。2013年に増資をした関係上、2014年に株主資本が多めに増えています。

--

纏めると、成長性は少ないものの身の丈にあった収益を積み重ねているようにみえます。

こうなるとビミョーな株価になってしまうのは仕方のない状況なのですが、この財務でPBR 0.39倍、配当利回り 4.23%(16.05.23現在)というのは流石にどうかと思われます。実質無借金経営ですしね。

こいう銘柄におカネが回ってこないのも今の日本市場の現状なのかもしれません。

3682 エンカレッジ・テクノロジ、6034 MRT - 今日の決算説明会さん

決算説明会(@gantky1)さん、まとめページ

3682 エンカレッジ・テクノロジ


エンカレッジ・テクノロジは、パッケージソフトウェアを開発・保守を行っている企業です。四季報の同業他社に2326 デジタルアーツ2158 UBIC





詳しくないので紹介だけ。

大手の事業主がメイン顧客で、ライセンス売上と保守売上が1:1と安定した経営と思われます。人件費が高騰するのは仕方のない状況でしょう。今後の成長性はクラウドを中心とした小規模システムへの売り込みかと思われますが、この辺は未知数ですね。



6034 MRT


MRTは、非常勤医師のネット紹介サイトを運営する企業です。四季報の同業他社に2175 エス・エム・エス4763 クリーク・アンド・リバー社






'14/12上場。


詳しくないので紹介だけ。

ポケットドクターは、スマホ経由で受けられる遠隔医療サービスとしてサービスを開始しています。このサービスは3694 オプティムも絡んでいるようです。オプティムは遠隔技術に長けているので、医療以外にも活躍の場は広がりそうな気はします。

【株主総会メモ】 2686 ジーフット (16.05.19開催)

株主総会メモまとめ



2016年5月20日金曜日

4849 エン・ジャパン - ジェイリバイブ (16.05.13週次)

ジェイリバイブ(SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ) まとめページ

4849 エン・ジャパン


エン・ジャパンは、求人情報サイトを運営している企業です。四季報の同業他社に2124 ジェイエイシーリクルートメント2410 キャリアデザインセンター6098 リクルート HD

今週は、求人情報サイトの運営を中心に人材関連サービスを提供している「エン・ジャパン」をご紹介します。日本のインターネット黎明期であった1995年に、同社はいち早くインターネットを活用した求人情報サービスを開始しました。その後、求人情報誌を手掛ける他社が続々と参入してきましたが、“求職者の視点に立った情報”を重視して求職者・求人企業双方の満足度を高め、転職情報の掲載サイト大手の一角として確固たる地位を築いてきました。具体的には、同社社員が直接取材して求職者の視点に立った詳細な求人原稿を執筆し、職場風景がイメージできる動画も撮影するなど、有意義な情報を提供しています。また、2014年8月にはサイトを大幅にリニューアルして使い勝手を高めるとともに、企業の口コミ情報の掲載や、面接をサポートする機能も強化しました。さらに最近では『エンアフターサポートプログラム』という転職後のサポートも始めています。このように求職者の立場に立ったサービスの拡充が支持を集めて応募件数が増加しており、求人企業にとっても効果が高まり掲載件数も大幅に増加する、という好循環が生まれています。

さらにもう一つの柱として強化しているのが人材紹介事業です。2010年に外資系企業向けなど語学堪能でグローバルに活躍できる人材の紹介に強い「ウォールストリートアソシエイツ(現エンワールド・ジャパン)」を買収して本格的に参入しました。その後、豊富なインターネットサイトへの登録者情報を強みに、経歴や要望に合った求職情報を紹介する人材紹介事業もコンサルタントを増やして強化しています。企業の人材採用ニーズは高まり就職・転職市場は活性化している中で、同社は常に質の高いサービスを提供して進化することで着実な成長を目指しています。

エン・ジャパンは去年、発表した力強い中期経営計画が記憶に新しいです。このペースで売上を伸ばせるか、興味深いところです。

以下は会社説明会の資料より。


求人関連事業は、景況感に大きく左右され、トレンドが変化することが多いようです。

求人広告を収益とするフリーペーパー事業は、求職者が減少していることより高い広告効果が望めないことより、伸び悩んでいる状況のようです。リブセンスも求職者の減少により成功報酬型の求人が高止まりし、新しいビジネスへの転換が行われている最中のようです。エン・ジャパンも過去、不景気に大きく売上を落とした時期があったのですが、その時はレイオフを含む経営改革を行っていました。

トレンドが変わった時こそ経営手腕を問われる事業かと思われます。


  • http://apl.morningstar.co.jp/webasp/pdf/weekly/2006073104_W_20160513.pdf

2016年5月16日月曜日

今日の雑談 (5/15)

「郵便局」で検索した結果wwww



明らかに郵便局と関係のないサイトばかり上位に出てくるbingさん、かっけー。


3906 ALBERT、インチキ過ぎワロタ




これはアカンやつ。内部から腐ってると業績予想とか軒並み信じられなくなるよね。

上場ゴール目指し過ぎやろ。


先週の決算メモ


今、5/16 午前2時なんですけどねええ。サクサク纏めていきますよ。

  • 三井住友FGみずほFG
    思ってたよりマイナス金利の影響は受けないのか、ある程度の業績は残せそうな業績予想にみえた。どうせみても理解できないのでレポート待ち。


  • ミマキエンジニアリング
    5/12決算後、△17.9%下落。前期業績、今期業績予想ともに弱い。後で見直す。
  • 日本通信
    監査法人元和に変更。お察し案件。
  • レック
    永守長男をぶち込んでもビミョーな状況変わらず。財務リッチ以外の良さを見いだせない。
  • ニッピ
    可もなく不可もなく。資産バリュー株特有の吹上げを観測。理屈なく吹上げ流動性が落ちる過程で下落するといういつものパティーン。Twitter発祥の可能性があり、仕手筋が個人まで普及した感もあり感無量。つかカネ持ち多すぎだw
  • ライト工業
    熊本地震の時に吹上げ、手が出せず。業績予想は受注高と合致しており特段、特需はナサゲ。今後の受注状況を観測予定。
  • FFRI
    無難な業績予想。どうなることやら。
  • 弁護士ドットコム
    無難な業績予想。社長である元栄さんの参議院出馬だけが現時点の最大のリスク。出馬への熱い思いは分かるんですが、、、
  • 明豊ファシリティワークス
    無難。
  • ゼリア新薬工業
    無難。ディフェンシブ銘柄として組み入れていたんだがボラが高すぎて放流済。最近、ディフェンシブ銘柄の定義が分からなくなってきたでござる(´・ω・`)
  • 伊豆シャボテンリゾート
    アレな株なんだが業績予想はヨサゲ。買われるん?二桁低位株の時代、きちゃう?
  • ナンシン
    円高で利益を乗せてきた。今期業績予想は無難。万年資産バリュー株から脱出できるんだろうか。つか全く増配することのないあたり、今の株式相場の空気が読めない感じで早期にMBOしてもらいたい気持ちでいっぱいだ。
  • 国際計測器
    まあ悪いよね。ここは受注状況で概ねの売上と利益が想像しやすい銘柄でして、3Qがあんな感じで4Qもあんな感じですともう少し業績が悪化するかもしれません。
  • エージーピー
    相変わらず安定しておる。大株主の面々をみると投資する価値があるのか疑問に思えることが多い。配当だけ貰うにはちょうどいいのかもね。
  • MUTOHホールディングス
    想定通り。大きく下落するなら検討したいところ。
  • 三栄コーポレーション
    商社にしては荒い財務。火災の後処理で特損あるかも。低PERとして魅力はあるんだが、どうにも荒い。なんなんだろうね。
  • シーアールイー
    1部鞍替え上場。
  • マースエンジニアリング
    強めな業績予想なんだが大丈夫なんだろうか。
  • ヒビノ
    今期予想は想定通りの下落幅。大きく下落するなら検討したい。
  • プロトコーポレーション
    決算、業績予想ともに弱い。あとでみる。
  • 日本デジタル研究所
    流石やw。またファンド勢と戦うことになるんやろうか。
  • 日本郵政
    業績予想は弱め。減配しないあたりは評価されるんだろうか。
  • やまびこ
    可もなく不可もなく。収益バリューを続けるのかな。
  • ナカニシ
    1Q決算。相変わらず状況は良くない模様。
  • コメ兵
    悪くない。結構株価下がっちゃったね。
  • 藤倉化成
    14時発表、自社株買い付きの割に評価低め。中計あとでみる。
  • デジタルガレージ
    3Q決算。相変わらず判断に迷う。
  • オーデリック
    決算後、+12.23%株価上昇。増配で好業績でPER1桁台とかそもそもおかしいんだって。


先週のダメトレードorz


皆様のメシウマのともにどうぞ。

  • 1332 日本水産
    円高とディフェンシブ要因で握ってた。決算前までは日経平均と相反する動きをしていてホルホルしていたんだが場中に決算発表後、急落。決算内容に大きな隔たりはなかったもののあまりの勢いの良さに全株放出。△8%程度の下落時に放出したが、その後△13.3%下落で終了。
    何故あそこまで売られるんだろうか。未だによく分からん。
  • 7408 ジャムコ
    かつての成長株として注目。つか事業自体は強いままだし、多少の端境期であっても一定の株価はキープ出来るだろうと決算突入。決算予測が大きく下回ったのが原因か翌日急落開始、いやここそんなに嫌われる株か?と判断を躊躇していたら、ジャムコショートウマーなる呟きが目に付き陥落、全株放流へ。ストップ安近辺でも売り圧力は変わらず、ストップ安に。
    いずれ買い直したいが、戻りは遅いのは覚悟しないとダメそうだ。

4310 ドリームインキュベータ、7616 コロワイド - 今日の決算説明会さん

決算説明会(@gantky1)さん、まとめページ

4310 ドリームインキュベータ


ドリームインキュベータは、ベンチャー投資を行っている企業です。四季報の同業他社に2174 GCAサヴィアン8715 アニコム HD4307 野村総合研究所






詳しくないので紹介のみ。



7616 コロワイド


コロワイドは、居酒屋「甘太郎」等の外食を運営する企業です。四季報の同業他社に7550 ゼンショーHD7522 ワタミ9979 大庄





コロワイドは、同業他社(アトムやカッパ・クリエイト等)に積極的にM&Aを行っており、IFRSへの会計変更によって見栄え上の利益は良くなります。楽天と同じ状況なのですが、株価はプラスに反応してますね。日本会計基準であっても増益予想のようなのでそれを好感しているのかもしれません。

コロワイドに限ったことではないのですが、従来の居酒屋チェーンのスタイルが今の世代に受け入れられていないのかもしれません。そもそも外食が長く受け入れられるのはホンの数店舗程度で、時代と共に移り変わりが激しいのは仕方のない事かもしれません。

インバウンドという点では居酒屋チェーンの対応は早かったですね。複数言語対応するためのメニューはちゃんと用意されていました。この点は大規模でチェーン展開している利点でしょう。個人事業主で言語対応なんて難しいですからね。

いつものB/Sの確認。GMOクリック証券の財務分析より。


無形固定資産、というかのれん代が1/3を占めています。日本会計基準ですとこののれん代は10年程度で償却しなければならず利益から差っ引かれてしまうのですが、IFRSですとこののれん代を計上しなくてよくなりますので見栄えの利益が良くなります。その代わり、毎回減損テストを行う必要があり、それに合格しなければ特損として計上されることになります。

どちらが良いかは判断が分かれますが、IFRSの方がより経営者の経営判断が問われることになりそうです。

--

纏めると、ここは優待銘柄でして、業績はどうであれ割と底堅い株価推移をしているのが特徴です。優待には恵まれているので家族の力で保有してみるのも悪く無いと思いますよ =)

2016年5月12日木曜日

7821 前田工繊 - ジェイリバイブ (16.05.06週次)

ジェイリバイブ(SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ) まとめページ

7821 前田工繊


前田工繊は、土木関連資材を扱っている企業です。四季報の同業他社に4212 積水樹脂7856萩原工業5959 岡部

今週は、社会インフラの整備・維持に欠かせない独自の土木資材の製造・販売を軸に、積極的なM&A(企業の合併・買収)で 事業領域を拡大する「前田工繊」をご紹介します。同社の主力製品は、土木技術に繊維の特性を融合したジオシンセティック ス技術(ジオ:土地+シンセティックス:合成繊維)に由来することが特徴で、網状・帯状・棒状など様々な形態の繊維製品や プラスチック製品です。これらを活用すると、金属やコンクリートを主体とした既存工法による土木工事と比較して、安全かつ経 済的であるうえ、環境負荷が小さいという利点があります。度重なる自然災害への対応やインフラの老朽化への対策が喫緊の 課題となるなか、同社は防災・減災、補修・補強、自然環境保全などのテーマを掲げて製品開発を進めることで、競争力を高め ています。

土木と繊維を融合させてきた同社は、“混ぜる会社”であることを標榜しています。それは積極的なM&Aにも表れており、 直近では衣料・産業資材用ポリエステルを素材として多種多様な糸を作る「ダイイチ」を子会社化(2014年10月)、防衛省向け 繊維製品やキャンプ・防災用テント等の製造・販売を手掛ける会社から事業を譲り受けて「未来テクノ」を設立(2015年6月) しています。糸や繊維を事業領域とするこれらの会社は、既存事業との間で相乗効果が生まれることが期待されます。一方 で、2013年11月に子会社化した「BBSジャパン」は、自動車用アルミ鍛造ホイールの製造・販売を主力事業としており、一見す ると既存事業とは縁が薄そうに見えるため、同社が今後どのように“混ぜる”のかを注視したいところです。もちろん、その前の 段階でも業容拡大に貢献しており、2016年9月期第1四半期の「BBSジャパン」の営業利益は前年同期比で約3倍に拡大してい ます。同社は引き続きM&Aを重要な事業戦略と位置づけ、持続的な成長を図る方針です。


16.01.15からの続きです。


特に大きな変化はありません。2Q決算もほぼ無風。

  • http://apl.morningstar.co.jp/webasp/pdf/weekly/2006073104_W_20160506.pdf

2016年5月9日月曜日

今日の雑談 (5/9)

マイナス金利の影響で下方修正を出してくるところが出てきましたね



企業年金もアレだが退職金も結構アレだね。

割引率が高く、社歴が長い所の決算は注意が必要かもね。


Evernoteは情報収集の必須アイテムですお =)




オンラインストレージサービスでPDF検索が出来るようになるとかなり便利になります。決算短信貼っつけてもいいし、証券会社が配布しているレポートを貼っておいてもいい。後から検索して掘り出せるのがいい。最近、Android版のアプリがWeb丸ごとキャプチャーしてくれる機能が付いてて、通勤電車用にコピペしておくとこれも便利。

ただしプレミアムでないとPDF検索が出来ないのでこの点は注意が必要。有料でない場合、今のところGoogle Driveしか選択肢はないですね。Google Driveも使ってる内にやっぱり容量不足になるんだが。


で、お薦めの有料会員ゲッツの定番はNTTドコモの端末から契約でしょう =)。


これずっと継続してますよね。昔は、何台も登録できまして一気に4年分登録してました。今回のキャンペーンだと既存のプレミアムユーザーは該当しないのでちょっと面白くないんですけどね。まあこれから新規で、というかこれ中古スマホでも権利をゲットしていないユーザーが結構いましてね、4000円近いスマホを買ってきて登録するというのもアリなんじゃまいかと。

あともう一つ。

ソースネクストが出してるEvernoteプレミアムパック3年版がお安い。昔だと8000円チョイで買えたんだけど値段改定があって今は1マソ位。Amazonだと売り切れだけど他の家電量販店で買うか、もしくは優待を絡めて購入するのが宜しいかと。



EVERNOTE プレミアムパック 3年版
ソースネクスト (2012-05-18)
売り上げランキング: 5,048

2016年5月7日土曜日

3687 フィックスターズ、3275 ハウスコム、3769 GMO-PG - 今日の決算説明会さん

決算説明会(@gantky1)さん、まとめページ

3687 フィックスターズ


フィックスターズは、半導体関連のソフトウェア開発を行う企業です。四季報の同業他社に3837 アドソル日進6088 シグマクシス2359 コア





マルチコア関連技術の開発だと今ホットなのはビットコインや機械学習でしょうか。この手の発掘には大量で無駄な計算が必要でして、計算効率を上げるための工夫として様々なライブラリが公開されています。OpenCL関連の書籍を執筆しているのはそいうことかと思われます。

ハードウェア / ソフトウェア開発者向けサービスYellow Dog Linuxとかに触れてて興味深いというか古すぎでしょ。PPC関連のLinuxだっけか、懐かしい。アミュレットとかあったなあ。感じとしては、大企業の下請けとして請け負ってるようなので、ビットコインやら機械学習で相場テーマになることはすくないかな。機械学習関連事業とかあるみたいだけれども。

SSD関連は多分、中のファームウェアを請け負っているんでしょう。フラッシュメモリは割と癖があるストレージでして昔、プチフリーズ問題で取り上げられたことがありました。フラッシュメモリというのは一度データを消去してから書き込む必要があってこの消去時間が結構長く、その間、一切の処理をNAKで返すともれなくOSがフリーズしてしまうという現象がありました。

って技術的な説明はどうでもいいか。

この手のフリーズを防ぐために馬鹿正直にNAKを返すんじゃなくてある程度キャッシュに貯めこんだり消去エリアを中心に使ったりと、アルゴリズムを工夫するだけでパフォーマンスが変わるんですなあ。多分、そいう仕事を請け負ってるんだと思います。PCの場合、Trim命令に対応するだけで状況が好転するんですけどね。

--

纏めると、ソフトウェア関連は結局のところ、頭数で売上が決まります。

利益率が異様に高いのは、事業が専門的で派遣ではなく請負で行っているのが大きいのでしょう。東芝という太客に頼ってる点は気になります。

個人的な感想を言うと組み込み系は日本では生き残れないと思ってます。魅力的なハードウェアを世に出せていないし今後も衰退の一途を辿るとみています。だから見限ったんですけどね。



3275 ハウスコム


ハウスコムは、賃貸物件の仲介を行っている企業です。親会社に大東建託。四季報の同業他社に8889 アパマンショップ HD8898 センチュリー21・ジャパン8850 スターツコーポ





以前、会社説明会(今日の雑談 (7/11))に参加していたんだけど、若い経営者で人材教育が軸だと言ってたのが印象的でした。少子化問題に伴う需要減少は、東京五輪の後の2025年あたりから顕著に出てくると考えているようでした。これまでには新規のビジネスを模索したい、と。

いつものB/Sの確認。GMOクリック証券の財務分析より。


現金の塊ですね =)。

括りとしては不動産業セクターなのですが、実際は不動産を仲介するサービス業に近いので上記の財務になっています。2011年に上場したのですが、当初からB/Sに現金を載せて上場してきたものですので、何のために上場してきたのか主に私の中で憶測が飛び交いました。

親会社の大東建託の貯金箱ではあるものの、親会社の依存度は割と低く、経営も割と自由に行えている印象です。

世の中、私が考えているより単純なのかもしれません =)。

続いてFCF。


着実に現金をブタ積みしていますね。前期の2016年に大型の投資をしたようで、FCFがマイナスになっています。何に投資したのか気になります。

決算短信の投資CFを確認しましょう。


投資先は「定期預金」でした。デスヨネー。

投資対効果を考えると、投資効果は殆ど得られませんが、安全性は非常に高いことより現金で持っておくよりはマシという程度の投資でしょうね。単にフリーキャッシュフロー(FCF)がマイナスであったとしても多大なリスクを負っているわけではないことに注意してください。

--

纏めると、投資先としては安定した事業と思われます。

配当の原資となる利益を安定的に稼ぐことが期待できるので、減配などのリスクは低いものと考えます。ただ上記のB/Sをみて分かるように、殆ど現金が詰まっていてその使い道が見当たらない状況になっているのは気掛かりです。親会社が株式を50%以上握っているので悪いおぢさんたちに絡まれることは考えにくいのですが、そろそろ投資先を見定めないと既存株主から文句が出てもおかしくありません。

配当性向を30%から50%にしてみては如何でしょうか。

投資先としては好みなのですが、同じく同業他社のセンチュリー21と比べると、見劣りする点があります。センチュリー21は、看板を貸すことでフィーを稼ぐビジネスを行っているので、看板が汚れない限り不動産市況に関係なく現金が稼げるんですよ。その点、ハウスコムは従業員皆が頑張らなければならない。これはシンドいでしょう。安定した配当金を貰うという投資なら、私ならセンチュリー21を選びたい、というか選んでますよね、NISAで。

実に鬼畜なことを言っているのですが、投資ってそいう面もあるんだよってことでひとつ =)。

ああ後、民泊とかに言及するとくだらない投資マネーが入ってきそうな気がするお。



3769 GMOペイメントゲートウェイ (GMO-PG)


GMO-PGは、小規模な電子商取引を行っている企業です。四季報の同業他社に2428 ウェルネット





16.02.07からの続きです。

2Q決算も引き続き好業績が続いているようで何より =)。

この銘柄は売上規模からすると小型株の扱いになろうかと思うのですが、QUICKコンセンサスが表示されているので機関投資家のフォローがしっかり入っていることは間違いないでしょう。

PER100倍を超えると流石に投資意欲が減退しますね。ひふみ投信のアナリストにGMO-PGを保有している理由についてを聞いたことがあるのですが、ファンダメンタルズより株価の推移を気にしており時折、株価が低迷している時期があるのでそのタイミングで保有しておくと戻りが取りやすい、とのこと。成長株への投資では有効な手法でしょう。

折角なので2Q決算説明資料のp11を抜き出してみる。


上場している決済代行業でパッと浮かぶのは、2428 ウェルネット3630 電算システム3623 ビリングシステム4819 デジタルガレージあたりでしょうか。

決済代行業というのは世の中に数多、存在していまして参入障壁は低めと考えています。ただ利便性を考えるにいずれ吸収合併が広がっていくのではないかと睨んでいます。デジタルガレージの株主総会で聞いたのですが、決済代行の利益率は年々減っているそうで、今後は何らかの付加価値を付けたビジネスが必要になるとの認識でした。

A社は、ウェルネット(16.9%、11.1%)でしょうね。メイン顧客はセブンを除くコンビニ決済でしてこの基盤は頑強とみています。今後もコンビニ決済が減少するのは考えにくく様々なシーンで銀行決済からコンビニ決済に切り替わっていくものとみています。それ以外にも航空券発注システム(後に自社に切り替わってしまい仕事がなくなる)やイベント発券システム(後に契約変更で撤退気味)等、技術で一定の成果は収めるもののビジネスで失敗している感が否めないですね。バスIT化に注力しているのですが、大きなビジネスになるとは思えないと株主質問していたりと、後もう一歩なんですよ。

C社は、デジタルガレージ(セグメント別8.3%増、9.9%増)かな。大企業向けの決済代行行ってるので付加価値をつけにくくなっているのは課題なのかも知れず。この点はGMO-PGの方が足回りは早くて有利ですね。

B社はどこだろう(追記:ソフトバンク・ペイメント・サービスではないかとのこと。情報THX!)。

--

纏めると、決済代行自体は今後も大きく成長する可能性が高いとみています。銀行業ではシガラミがあって出来なかった足の軽さがありますし、付加価値も付けやすいかと思われます。そろそろ需要が一巡し、競合が気になりだし始める時期に入り始めているのかと思われます。既存のシステムから入ってくるストック型の収入を、如何に次の成長に繋げていくかが課題になるんでしょう。

つか元祖フィンテック関連銘柄なんじゃねえのか、と言いたい。収益性も確保しているのに、収益もままならないブロックチェーンとかにお熱とかどうかしてますよ。

2016年5月6日金曜日

2675 ダイナック、6077 N・フィールド、3135 マーケットエンタープライズ - 今日の決算説明会さん

決算説明会(@gantky1)さん、まとめページ

2675 ダイナック


ダイナックは、レストランとゴルフ場レストランの受託業務を行ってる企業です。サントリー子会社。四季報の同業他社に3068 WDI3073 ダイヤモンドダイニング7625 グローバルダイニング







6077 N・フィールド


N・フィールドは、精神疾患の患者に特化した訪問看護サービスを提供している企業です。四季報の同業他社に2374 セントケアHD2398 ツクイ2400 メッセージ





今回は紹介のみでひとつ。

経営陣の入れ替えは気になる所。ちょっと変だよね。



3135 マーケットエンタープライズ


マーケットEは、リサイクルショップ「高く売れるドットコム」を運営する企業です。四季報の同業他社に3179 シュッピン2674 ハードオフコーポ3093 トレジャー・ファクトリー3181 買取王国





15.09.24からの続きです。

今回は紹介のみでひとつ。