2017年10月11日水曜日

今日の雑談 (10/11)

弁護士は儲からないセクターになりつつあるって話


これらの事件系を専門に扱う弁護士法人が自転車操業と評される理由は、一見華やかな広告をバンバン打つ派手な戦略とは裏腹に、実際に弁護士報酬を手にできるまでにかかる費用負担の重さゆえです。
-- 「アディーレ法律事務所、業務停止2カ月」処分を下した東京弁護士会の見解と業界の今後(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

つか弁護士の人数が増えていていずれ共食い状態になるという話を弁護士ドットコムの株主総会で聞いてたんですよ。弁護士と利用者を結びつけるためのビジネスで圧倒的なシェアを持ちたいという話を聞いて、それ以来、投資をしていたりします。

ようやく最近プラスになりました =)。

相変わらずすげえPERですので株価には期待していませんが、彼らが切り開こうとしているビジネスには興味があります。ただ業界内でも色々あるらしく、その話を聞いても私にはサッパリなのがアレです。


ボク言いましたよね?




ネクステージ[3186]は面白いって。

騰がる株か?と言われると疑問が多いのですが、面白いか?と聞かれればすごく面白い、という銘柄ですかね。

好物ですよ。こいう銘柄 =)。
-- 3186 ネクステージ - 日経IRフェア2014

まあこんなことを言っててもこの銘柄は何回か損切りしていますし、買値の倍くらいなった時には7割方、売却してますので今残ってるのはほんの少しです。まあそれでも嬉しいものですね =)。

今回のでテンバガーは、GABA(MBO済)、イー・ギャランティ[8771]に続いて3銘柄目になりました。長く投資をやってるとこんなこともあるもんですね。特に売る理由がない銘柄を売らなかっただけなので結果的にテンバガーになったというのが印象でしてなんつーか、ヒットの先にホームランがある的な何かかとは思ってるんですよね。

後、2013年末の証券優遇税制の廃止さえなければ、もう少しテンバガー候補がいたのですが、やっぱりここは税金を先払いしておくに限るじゃないですか。やっぱり10%は大きかったですよ。

2017年10月5日木曜日

今日の雑談 (10/5)

宝くじの期待値



300円で153円の期待値ってテラ銭高すぎやろ。


年金運用の日本株運用9割はインデックス運用




結構、思ってたより高いっすね。運用の良し悪しというよりは評価されない自国経済を恨むしかないんだねえ。


産業天気図(10~12月産業景気予測)が公開された模様


日本経済新聞社が主要30業種を対象にまとめた2017年10~12月期の産業天気図は電子部品・半導体、化学、鉄鋼・非鉄、プラント・造船の4業種が改善する。電子部品・半導体では米アップルの新型「iPhone」向け需要が高まっていることなどが後押しした。一方、外食などは低価格居酒屋に広がる値上げの影響で業況が悪化する可能性がありそうだ。
-- 産業天気図、電子部品「晴れ」に 新型iPhoneで活況 10~12月、4業種が改善 :日本経済新聞

産業天気図の活用の仕方については成長株の簡単な見つけ方をみてほしい。

今回、目に付いたのは以下の通り。

  • 人材不足、人件費高騰で判断が分かれる
    外食は値上げによる節約志向の高まりと売上減を懸念。コンビニ、食品スーパー、ドラッグストアの人手不足は深刻に。セルフレジ導入加速か。逆に人材派遣は需要が伸びており堅調続く。
  • 情報は省人化への設備投資活発
    働き方改革の影響か。AI活用も。
  • 住宅は首都圏の戸建てに割安感が
    WBCでも特集やってましたもんね。タワマン買うより少し歩いた戸建てのほうが安く済むらしい。
  • セメントは内需微増、海外輸出拡大
    これは意外だった。国内のセメント需要、二次セメント需要はオモシロイと思っていたんだけど、原料としてのセメントも面白いかもしれないね。
  • 石油は「薄日」→「曇り」へ
    石油製品の在庫水準の高まりより需給悪化懸念。
  • 自動車の軽量化によるアルミ需要増加へ
  • 2020年の環境規制強化で造船に需要戻るか

造船業は意外感があって面白そう。韓国との競合が懸念かなあ。電子部品はどうもiPhone 8の売れ行きが宜しくない噂が出ているので、iPhone Xの供給がどこまで可能なのかが気になる所。外食は株価的にはピークアウトする時期に差し掛かっているのかも。



2017年10月4日水曜日

今日の雑談 (10/4)

エスポワール党、内部留保に課税を検討だってよ


消費増税を先送りすれば財政悪化は避けられない。原案では増税の代替財源として「約300兆円もある大企業の内部留保への課税を検討」と明記。「内部留保を雇用創出や設備投資に回すことを促し、税収増と経済成長の両立を目指す」と指摘したが、財政再建目標は示していない。
-- 希望、政策集に消費増税凍結 内部留保課税を検討  :日本経済新聞

マジでか。

ここでいう内部留保ってどこの何を指すんだろうか。純利益に対して増税するならそれ法人税増税でよくね?純資産に対して課税するとなると製造業厳しくね?過去、銀行から貸し剥がしにあった企業とかは借金したがらないし、レバレッジ経営が効く業種でもないから純資産は厚めにしてる企業も結構ある。そいうとこに課税するんだ。きっとクソみたいな節税スキームが生まれる予感しかしない。CBで埋めまくるかw。

つか設備投資に回してほしいなら税優遇すればいいのに。償却期間の短縮だけで設備投資が盛んになると思うんだが。人件費におカネを回せというのは、労働集約型ビジネスだと死活問題で、うっかり人件費を払いすぎて傾いたら政府が保証してくれるのかしら。


さわかみ投信がつみたてNISAに立候補しなかった理由



興味深かったのでかいつまんで要約してみる。

  • つみたてNISAにリソースを傾けたくない
  • 税メリットじゃなく商品そのものを評価してほしい

    いやでも20%のビハインドは相当厳しいぞ。頑張れドラゴン。
  • つみたてNISA自体、未完成の制度
    • 低コストであるインデックスファンド中心なのは如何なものか
    • 税優遇期間内に売却しなければ恩恵を受けないのは如何なものか
      期間終了間際に相場が悪くなったら目も当てらんない。そもそも相場を見ながら売買をすることは資産形成には悪影響。

      分散されたバランス型ファンドが宜しいかと。資産運用なら自分の望むタイミングで売買できなければダメで、長期投資前提での資産運用ってのはどうかなとは思ってる。投資と資産運用は分けて考えるべきだって話。
    • つみたてNISAのためにファンドを開発すんの、それどうよ?
      顧客第一ではない。

私としては選択肢として棚に置いておくことは重要だとは思うのですが、リソースを割くほどの魅力はないと言われればそれまででして、今後ますますのご発展をお祈り申し上げますよええ。

今回のつみたてNISAは政府の意向が強く表れた制度になっているのが特徴でして、運用期間は20年間まで延長されたけれど、選べる金融商品は政府が長期投資に望ましいと思われるモノしか選ぶことができない。ぶっちゃけ、受益者に対して過保護というか随分馬鹿にした制度ではある。

政府方針に似合った長期に渡って運用に耐えうる金融商品を優遇することで資産運用の有益さを理解してもらう、という思惑なんだろうけどね。

今日の雑談 (10/3)

”さいますみ/崔真淑”のオイコノミクスで増資と株価についての関係を話してた


昨日のラジオ日経にて。興味深かったので書いとく。

  • 出光興産が30%の増資をして創業者が拒否権を失った
  • ゲンキーの調達とか小型株の増資が増えてきた
  • 増資は売り?買い?
    一般的には売りなのではないか。増資が企業価値に影響を与えないのなら株価が下がるはず。
  • 何故株価が下がる?
    増資でEPSが下がるから下がるから株価が下がるという話は間違いではないか。利益が増えなければEPSは増えない。
  • 過去20年間の増資後のEPSの希薄化率と株価の下落の相関は見られなかった!
  • 利益は「作れるもの」
    会計での利益はどうとでも作れる(会計利益)。キャッシュの変化に注目するべきでは(フリーキャッシュ・フロー、FCF)。
  • 増資の1、2週間前に上方修正をする銘柄が意外と多い
  • 増資によって設備投資を行って利益を出せるようになれば株価が上がるケースはあるのでは
  • 1980-1990年代は、増資=株価上昇だった
    増資で不動産を買うことで株価が上がる時代だった。増資で株価を上げようとする流れが企業にあり、結果的に上がっていたケースもあった。
  • 2000年以降、増資後は軒並み下落
  • ただし第三者割当増資は株高になるケースが結構あった

結論:

  1. 公募増資後は一旦株価は下がりやすいがEPSで議論するのは違う
  2. 2000年台以降、公募増資は株価値下がりに繋がりやすかったのは事実
  3. ただし第三者割当増資は意外と下がらない

とのこと。

増資後、特に株券が配布された直後は需給が崩れやすく下落トレンドになりやすいのですが、最近、特にここ半年は増資内容を精査することで、割と短期間で鞘が取れることが多いですよという話をしているんですが、どうも納得していただけないようでボキュは悲しいのです。

気が向いたらお前らのための株式投資シリーズで書きたいんだけど、気が向かないんだよねw。

仕方ないね。

2017年10月1日日曜日

今日の雑談 (10/1)

製作委員会方式の功罪なんだと思うわけでして、、、



まあでもKADOKAWAを叩くなと言われましても直接、コンシューマーとの接点があるのはKADOKAWAだけでございまして、ファンと監督と権利者との間でどうにかこうにか落とし所を探るべきポジションではあると思うんですよ。今の公開情報では納得できないファンが多い以上、更なる情報公開を期待するのは仕方のないところでしょう。

当たればデカく、外れればとんでもない赤字を背負い込むのがコンテンツ事業でございまして近年、そのリスクを分散させるために製作委員会方式 - Wikipediaを採用するところが多くなってるんですな。権利を分散させる代わりに出資費用を抑えることで、数多くのコンテンツを世に出すことができたわけです。

その分、権利者が口をはさむことが多くなり、作品としてエッジが立たなくなり腐っていくという流れも多いのもこの方式。例えばおもちゃ屋が絡めば、必要以上に変身グッズが量産されてきます。監督が創りたかった作品とは違った、マイルドな風味になってしまい、結果としてヒットしなかったとかあるわけですよ。

直近で言うとシン・ゴジラが良い例かと。


今回の件は、そもそもの期待値が低かったせいで監督が自由に作品を作れたのが、儲かることが分かってから口を挟む権利者が多くなったってことでしょう。彼らからすれば自分の利益を最大化するために努力するのは当たり前、なんでしょう。

でもねえ。

作品のエッジをぶっ壊すことになりはしないか心配なわけです。しかもあの作品は監督のビミョーなバランスで成り立っていて、不自然なシナリオを入れただけで全体が壊れかねない脆い作品であるのは間違いないでしょう。だからこそ、思い入れがありあそこまで強いツイートに至ったんだと想像します。

12.1のようなファストコンテンツはこの先重要になってくると思うんですよ。派生物をさっと提供し、視聴者のハートを掴むやり方は「鷹の爪」のビジネス展開に似た有望な戦い方のように感じます。製作委員会方式だとそのやり方は気に食わないんでしょうな。万券当たったのに、横から権利をくすね取られる気分でしょうからね。

まあ視聴者の一人としましては、作品の未来を賭けたロシアンルーレットはホント止めてと思うわけですよ。

--

何度でも同じことを言うことになるわけですが小役人チックな「一所懸命」も大概にしろと。誰にサービスをし、誰からおカネを頂いているか考えたら、お前らが守るべきものはそっちじゃないだろと。小さな利確より大きな利益を積極的に取っていこうとは考えられないものか。

小さく纏まるなよ、と言いつつディー・エル・イー[3686]の含み損と戦ってるなうよ、、、orz


「満足」は目標や願望と現実のギャップに依存する


世論調査の統計からすると、今の生活の満足度は一番高いということになるんだとか。

「満足」は目標や願望と現実のギャップに依存する。過去十数年の上昇は、現実が良くなったのではなく、目標を下げたからだとしたらどうだろうか。日本人はついに「諦めの哲学」を身につけたということかもしれない。
-- 満足していますか?(大機小機)  :日本経済新聞

だってさ。目標が小さければ成長も低いわけで、今のGDPもそんな景況感を反映しているのかもしれないね。よく言えば「身の丈に合った生活」が身についたことだろう。

話がズレるかもしれんが、決して能力が低いから諦めているわけではないと思うんよ。むしろ社会が環境を与えない、成長の芽を摘んでいるんじゃまいかとね。

YouTuberをみてそう思った。

確かにクソなコンテンツも増えたのも事実だが、そんな状況でも面白いコンテンツを作る才能は芽生えていて、魅了しているのも分かる気がする。なんだかんだで収益が確保できたからできた芸当で、悪く言えばまたもやGoogleに踊らされてることになるわけだ。

経済が上手くまわるサイクルの設計なんだと思う。

今日の雑談 (9/30)

「内部留保」は「利益余剰金」扱いってことでいいのかな、、、




「利益余剰金」として開示している統計が、いつの間にか「内部留保」として報道されてたって話。

利益余剰金を減らせってのは酷い話で、利益余剰金は株主のモノであると法で決められているんよ。残余財産分配請求権あたり。株主が利益余剰金を減らせという権利も持っている。これは利益配当請求権あたり。

詳しくは株券の価値ってなぁに? 2013年版をみてほしい。

なので、株主の立場で利益余剰金を減らすべきだ、というお話ならその通りですねという話にはなるんだが、マスコミ様の発音からするとどうも株主の味方というわけではなさそうだ。そもそもマスコミ様の多くは、報道が本業ではなく不動産賃貸業で細々と暮らしていたりするわけで、本業と勘違いされている報道事業は謂わば社内のゴミクズニートでして、そのゴミクズニートが利益余剰金減らせと申されてもですね、心に響かないんですわ。

「隗より始めよ」ということわざを進呈したい。


一方で、純利益が内部留保という使われ方もある。とはいえ、この純利益も法で株主のものであると決められています。これは利益配当請求権あたり。

とまあこの民族は兎角、人様の権利を強奪する手癖の悪さが目立つのですが、日本株への投資が少ないが故かと思うんですよね。もっと自分のポジションが企業側にあれば態度も変わってくるんじゃないかな。

例えばケータイのルールがクソほど多いのは、ケータイの普及率が低かった頃に持っていない奴らがルールを強制したからだろう。「若い奴らはマナーを守らん」とかガンガン言ってたのに自分が使うようになったら平然と自ら作ったルールを破りにかかるんだもん、とんでもねえクズ民族だろ。作ったルールは放置したままだし、インバウンド需要で外人さんがケータイを使うようになって更にカオスな状況になってるわけで、ルールを見直さないとルール自体守る必要性を感じなくなって、各々が実質無法状態になってやっぱりクソ民族じゃないですかやだー。

って何の話をしていたかというと、多くの人が日本株を保有すれば法人税減税にも理解度が深まるんじゃまいかと思うわけです。NISA枠をもっと広げましょう =)。積立NISAとかしょっぱ過ぎでしょ。


REIT指数、そろそろ落ち着いてくれないものですかねえ


不動産投資信託(REIT)相場がじりじりと下値を切り下げている。足元の東証REIT指数は1650前後と7月中旬に付けた年初来安値(1620)に接近し始めている。毎月分配型などの投資信託の売りが続いているためだ。ここに来てさらに下押し懸念が高まっている。アベノミクス相場の高値で買った地銀の損切りリスクだ。
-- REITに損切りリスク 地銀の売り、下押し懸念に  :日本経済新聞

どうも否定的なレポートが出る度にガクッと下がることがあって手が出しにくいんですよね。レポートもでない弱小REITは購入対象にないんだけど、指数への依存度が高いREITは不動産の景況感に係わらず評価されにくい状況なのよね。

いっそ影響度の少ないインフラファンドに手を出してみようかねえ。いちごグリーンインフラ投資法人[9282]とか地味に年初来高取ってきてるし。


恐ろしいくらい何も言っていない記事ワロタ


けものフレンズ「たつきショック」で株下落 SNSを使った情報収集の注意点 | ZUU online

SNSで株価が動くよね、以外何も言っていない。真面目に記事を読もうとした時間を返して欲しい。

多分、記事ではイナゴとの付き合い方について言及したかったのかと思われるのだが、そもそも監督本人からの降板情報が発端なので、今回はSNSによる怪しい情報源というわけではナサゲ。その後のKADOKAWAの対応も惨憺たるものだ。プレミアム解約祭りは今回のことが発端にはなっているが、そもそもサービスとして劣化しているというか、周囲のネットサービスと比べて全くと言っていいほど進歩しておらず、放置され続けたのがここにきて解約が続いたのではないか、とみてる。今回だけが原因ではない。

イナゴというと当ブログも被弾していないわけではないんよ。

色々書いてますからね、記事の一部分だけ取り出して勝手に妄想して拡散する人もいないわけではないんよ。逆に私の記事が原因で本人が鍵っ子になって引きこもってしまったケースもあり、該当記事を削除したりと当方も心を痛めてるんですわ。

やられてばかりだと私も気分が優れないでね。そろそろ色々潮時だとは思ってるってことくらいは言わせて欲しい。

【株主総会メモ】 2428 ウェルネット (17.09.27 午後2時開催)

株主総会メモまとめ



2017年9月28日木曜日

今日の雑談 (9/28)

GMOクリック証券の財務諸表のグラフ、IFRSに対応してた!


いつものB/Sの確認。GMOクリック証券の財務分析より。


2017年をみてほしい。現金が表示されてる!

HOYAはいち早く2012年あたりからIFRS対応したんだけど、クリック証券の方が対応出来てなくて、流動資産を全て「その他流動資産」として表示してたんよ。正直、財務分析で現金と売掛金を一緒くたにするとかあり得ないでしょ。問い合わせでIFRS対応を希望したんだけど、「仕様通り」と実に寂しい回答だったのよ。

で今見たらIFRSだった企業のB/Sに現金が表示されてたんよ。

なんだよ、いつの間にか対応してんじゃん。しかし何故か前のB/Sグラフは更新されていないと来てやがる。なんだかよく分からんがまあよしとしましょう =)。


「国民全員がYouTuberになったら2秒で国なんて崩壊するけん」




ノリがイイよねw

「なんで人って悩むか分かる?未来が分からんけん悩むんよね」

投資にも繋がる話のように聞こえる。悩むって結構楽しいし、この楽しみが無くなると作業みたいなもんでツマラナイものやて。だから、悩みつつ少しでも前に進むってのが面白いんだと思う。



どうにもならない 今日だけど
平坦な道じゃきっとつまらない
きみと生きてく明日だから
這いあがるくらいで ちょうどいい

たまに聞くとグッとくるものがあるね。

2017年9月25日月曜日

今日の雑談 (9/25)

時代が俺に付いてきたようで何よりだ =)


リスクは稼働率を上げるのに時間がかかることだ。「100室が満室近くになるのに少なくとも約2年かかる」(不動産運用のいちごの渡辺豪常務執行役)。広告宣伝などの費用が先行し、事業者にとって資金繰りが負担だ。想定通り運用できず、損失を被る投資家も少なくない。
-- トランクルームに熱視線 利回り狙い マネー流入 REIT設立の動きも :日本経済新聞

今回の記事では、いちご[2337]パルマ[3461]エリアリンク[8914]が取り上げられている。いちごが資本をどんだけぶっ放してくるかで勢力図が変わってきそうな予感がする。いい事業を買収したんじゃまいか。

で、上記のリスクだがこれはどこも同じ様子。詳細は【株主総会メモ】 8914 エリアリンク (17.03.30開催)を見て欲しい。

ただ一度、入るとナカナカ出ていかないという事もあって、安定運用としては他のREITより上かもしれない。エリアリンクは、持ち前のブランドであるハローストレージを地味に広げているし、広告費は左程必要ないと思ってる。いちごの場合、知名度が足りないのと、ビルの一角を流用するやり方なので知ってもらう手段が割と少ないというのがあるんだと思う。

私募REITから公募REITに切り替わるあたりがいいタイミングだと思ってるんだが、どうなることやら。

私の投資経歴

たまに聞かれるので答えておく。

  1. 平成18年2月(2006年)にkabu.comに口座を作る
  2. 澤上さんに憧れ、似せたポートフォリオを作り出す
  3. リーマンショック発生、口座半壊
  4. 倒産銘柄を掴んでから低PBR銘柄投資に行き着く
  5. ひふみアカデミーに参加し、敵(ライバル)認定する
  6. 今の投資

2017年9月22日金曜日

今日の雑談 (9/22)

スマホゲームもゲームや映画のように金食い虫になりつつあるよねって話


両社ともグリーのいわゆる戦略子会社的な立ち位置なので、決算自体にさほど大きな意味はなさそうです。ただ、今や商用映画1本を撮るのと同じレベルの予算が動き、かつ強力な競合がひしめくようになったスマホゲーム業界。開発と運用にはかなりのクオリティーが求められます。
-- グリーのゲーム開発子会社、収支トントンも責任重大 - ITmedia NEWS

開発費と同じくらい広告費を使うまでに費用がかかるようになってしまったスマホゲーム。ヒット作もよくよく見ると過去のゲームのリニューアルだったり、大型版権を絡ませたものが多くなってきているわけで、アイディア一本で大ヒット、というケースは無くなってきている、思うわけです。

マイネット[3928]をソシャゲの産廃業者とか、言い得て妙だなと思った次第。狙い所は良かったと思う。宣伝費も開発費も要らないし、開発環境はほぼ固定されてるから少人数で維持が可能なビジネスだ。彼らのキモは、対象のゲームのデューデリジェンスで、しっかりデューデリできていれば産廃レベルのゲームでもトントンで行けるはずだった。今回の特損はそのデューデリに失敗し、サービスを早期撤収しなければならなかったのが原因だろう。買収当時は適正価格でも、業界の劣化速度が想定以上に早くなっているのかもしれない。そのリスクが払拭できないから株価がイマイチな状態が続いてるのではないか、とね。

家庭用ゲーム機の復活もある。無料のスマホゲームがあるのにゲーム機に回帰しているのは何故か。多分、「飽き」がきているのだと思ってる。勿論、ゲーム機のネット対応が進んでいるってのもあるだろうけどさ。

とまあ、経営環境は大きく変わっていると私は見ているのですよ。勿論、一発ヒットすれば無問題なんだけど、そのヒットの期待値が減っているんじゃまいか。


インバウンド銘柄が下がったネタらしい


制限の理由は明らかにされていませんが、資本の海外流出を食い止めるための措置との見方が出ています。中国は10月1日から建国記念日の大型連休で、日本への航空便もほぼ満席状態ですが、年間600万人を超える中国からの観光客のおよそ4割が団体客で、今後、影響は避けられないものとみられます。
-- 中国当局、旅行会社に日本行き観光ツアー制限を通達 TBS NEWS

よくわかりませんな。今後も規制が強まれば影響も出てきそう。


債券のインカムゲインが減っている中で優秀だと思うんよ




安定資産が買い占められてる状況なので、リスク資産がリスクが無くなっている、のかもしれませんな。そう考えると株よりリスクが高いと思われる仮想通貨に資金が集まっているのもちょっと納得かも。

GPIFが仮想通貨に手を出したらこれはこれで面白い未来が見えそうだ。インカムゲインは全く無いけどな!


年金運用と株主優待




このあたりは、一般的な投資信託と対応は変わりない様子。換金専門の業者もいるらしい。しかしまあ、こんなツイートにもクソリプが付くとか、Twitterは底辺の「見える化」が進んでいて何よりだ。


100株単元になっても案外、株価に反応がなくて寂しいなうよ、、、




’18/10末までがリミット、なんよ。

何時になったら100株単元にするんだって暇だったら株主総会で質問してみるもよし。100株単元になったら流動性が増えて株価が上がる、と思ってたときが私にもありましたorz


「媚薬」って存在するのね、、、


再逮捕容疑は今年5月25日ごろ、知人が住むマンションの一室で複数の薬品をフライパンで加熱するなどし、麻薬である「GHB」(4-ヒドロキシ酪酸)を製造したとしている。

 組対5課によると、GHBは乱用者の間で性的な興奮を高める媚薬として使われることが多いという。
-- フライパンなどで媚薬を密造した容疑、男を再逮捕 警視庁 - 産経ニュース

5903 シンポ - '17/08の「担当ファンドマネージャーの見方」

大和住銀日本小型株ファンドまとめページ

5903 シンポ


無煙ロースターを製造している企業です。四季報の同業他社に中西製作所[5941]フジマック[5965]テンポスバスターズ[2751]

2017年9月21日木曜日

今日の雑談 (9/21)

月次リスト、更新しました


月次リスト (Google Spreadsheet)

REIT系が増えましたが多分、足りてません。またいつか更新します。

今日の雑談 (9/20)

老後はM&A事業ww



人脈次第だよなあ。まあでも給料を支払う立場なんてろくでもないよ。責任感がある奴は絶対止めたほうがいい。

「事業引継ぎ」でググると確かに各地域に用意されてるんだね。事業引継ぎ支援センター2016年度相談実績(PDF)が興味深い。


会社ごと買収して人材確保、というニーズが高まってるというのは時代ですな。

ソフトウェア業界でこの流れに拍車がかかると見ていたんだけど、思っていた以上に進んでいない様子。値段が折り合わないんだと。まあ今の時期、仕事はいくらでもあるので安く売却してやる必要性はないのかもしれない。

上記の物流、建設、サービス業の中では建設のM&Aが面白いかもしれないと思ってる。この中では規模の生産性が確保できる業種だし最近、集約が激しく、下請けでも立場が弱くなるケースが少なくなっているのではないかとみてる。

M&Aの下駄は進捗率投資()をやってる奴らの盲点になりやすいので狙い目でもあるとみてるんだが、あんまり言うのもアレかw


配食は儲からないのかなあ、、、



最近賑わしている学校給食事業なんだが、業界としては状況が悪いらしい。人に依存する部分が多いので生産性を上げるのは難しいのだろう。

前に日清医療食品という配食業者が上場していた頃に興味を持ったんだが、あの時は結構な利益率だと記憶してる。最近上場したファンデリー[3137]とかも割と利益率は高め。同じく配食のショクブン[9969]は、9/14に下方修正&無配&優待中止でえらい株価になっとる。理由は人材不足と消費者の節約志向。人を多く雇わざるをえない事業は警戒した方がいいかもしれない。

金が出せないなら満足な運営は出来ないとこちらから断ったことも多くあった。やるのもプロ、断るのもプロなのだ。学校給食も同じで安全で美味しい食事を提供するには金と時間は必要不可欠なのだ。
--  【続】元給食営業マンが話題の「マズい」学校給食を考察してみた。 - Everything you've ever Dreamed

昔からすぐに断ることはしなかったなあ。「兎に角、調査させてくれ、調査の時間はXX日でその時に実装できるか回答する。その時間すらないのなら私には無理だ。」というのが定型文なので大体、それなりの日程を用意してくれてるのがフツーだったな。まあ末期近くでは調査時間すら現場に決定権が無かったし、どうしようもなかったと思う。


そろそろ無理矢理でもブログを書いてみるテスト


燃え尽きる可能性も微レ存。

2017年9月19日火曜日

今日の雑談 (9/19)

祝!興銀リース[8425]、プラテン!



売りてぇw

通学しているだけのマンガなんですけどね、、、




力入りすぎだろこれ、、、

2017年9月7日木曜日

6890 フェローテック HD - '17/04の「担当ファンドマネージャーの見方」

大和住銀日本小型株ファンドまとめページ

6890 フェローテック HD


フェローテックHDは、電子部品と太陽光パネルを製造している企業です。四季報の同業他社にレーザーテック[6920]ハーモニック・ドライブ・システムズ[6324]アルバック[6728]

今日の雑談 (9/7)

3681 ブイキューブがひふみ投信に第三者増資




ひふみ投信の第三者増資は今日の雑談 (7/4)の2191 テラに引き続きの2件目。第三者増資自体は否定しませんよええ。

つかね。

こんなクソ安いところで増資するなら、そもそもMSワラントなんて発行すんなやって話ですよ。既存株主は泣いてますよ(俺を含む)。だからフツーに一般公募してたらよかったのに、こんな有様とかファイナンスが糞すぎてそれはそれで経営者の資質を疑うわ。

前にも言ったけど今年の株主総会で「なんでMSワラントなんて既存株主に不利な増資をしたんだ、一般公募じゃダメだったのか?」ってちゃんと株主質問しましたからね、私。だから今回の第三者増資にだって怒る権利くらいはあるはずなんだ、プンプン。

まあもう済んだことだし、ひふみからゴチになった第三者増資でちゃんと収益性を戻してから成長路線に戻ることをボキュは期待してますよ。


SBI証券でマイナンバー登録しました




作業を行ってから5日くらいで登録作業が終わりました。

SBI証券へのマイナンバー登録は2018年末まで提出すればいいのですが、NISAを利用している場合には2017年9月末までに登録しないと、再度NISA口座を開設する必要があるようです。遅かれ早かれ登録する必要があるので今回、一気にマイナンバー登録を行いました。

しかしまあ、マイナンバーを登録するのはやっぱり面倒ですな。スマホで取った写真を送るだけなんですけど。


Wikipediaの寄付がPayPal経由でできるようになってた



Wikipediaいつもの寄付依頼がでてくるようになってウゼェなあと思ってたら、PayPal経由で寄付ができるようになったのね。確か日本の税制か何かで寄付扱いは禁止されてたというのを聞いたことがあったんだが、解決したんかな。

クレカ払いが嫌いで「PayPal払いなら払ったのになあ、ああ残念残念」と塩対応でなんとか過ごしていたのだが、こうなると寄付しない理由がないので今回、ぶっ放しといた。全世界的に日本は寄付をしない地域らしいので、これで少しは面目躍如になろうかと =)。

「寄付するなら黙ってやれやボケが」との貴重なご意見もあろうかと思うのですが、ドヤるというよりはPayPal経由で寄付ができるようになったのが割と新鮮だったというお話でして、それ以外は軽くスルーしておくんなまし。


「信じることによってはじめて運気が上がるんや」



まいギョありぃー

2017年9月2日土曜日

8931 和田興産 - '17/06の「担当ファンドマネージャーの見方」

8931 和田興産


和田興産は、マンションデベロッパーの大手です。四季報の同業他社に日本エスリード[8877]フジ住宅[8860]穴吹興産[8928]

<地域密着の強み>

建築費の上昇を主因として、分譲マンション業界は苦境に陥っています。しかし、西日本では五輪や東日本大震災 復興の影響が小さいことから、相対的に建築費の上昇が小幅で、まだ普通のサラリーマンに手の届く価格で好立地のマンションを供給することが可能です。そういった状況下で健闘している企業の一つが和田興産(8931)です。

同社は神戸を地盤とするマンション分譲業者で、市内での供給棟数は1998年から19年連続で首位を保っています。高い物件密度を活かして、兵庫県内を中心とする12ヵ所で常設のモデルルームを運営し、効率性の高い販売を行なっています。

地域密着の強みは仕入面にも現れています。同社は2013年、市内中心部の海寄りに1,800坪の用地を確保し、同社 としては空前となる471戸の大型物件を開発しました。この物件は立地の良さと割安さから短期間で完売し、引渡時期と なった前々期と前期の業績を支えました。今期はその反動が懸念されていましたが、やはり中心部に位置する中型物件群の販売が進んでおり、大きな落ち込みはなさそうです。さらに、来期完成予定の新神戸駅前の大型物件はすでに完売、再来期にはトアロードと山手幹線の交差点というこれ以上ない立地の大型物件が完成予定であり、高水準の業績が続く見込みです。厳しい業界環境の中で、今後3年間業績のめどがついているということは、一定の評価に値するのではないでしょうか。


今日の雑談 (9/1)

「投資」と「仕事」


「投資」とは何か。投資とは資産に対して適切な価格付けを行う行為、とします。

株式投資なら株券に適切な価格付けを行うことが投資となります。適正な価格付けを行うことで、経営者は市場から融資以外の資金調達の手段を実行しやすくなります。これがもし安ければ資金調達は難しくなります。逆に高い場合、市場が経営者に間違ったメッセージを送っていることになりますし、行き過ぎた価格は暴落を伴いやすくなりますので社会不安にもなりましょう。

安くても高くてもダメなんです。

では高い安いはどう判断したらよいのか、という話になると決まって偉い学者さんが決めればいい、と主張する人がいるんですが私はそうは思いません。投資に正解はないんですよ。だから、いろんな立場の人が各々の判断で決まった価格こそが、適正価格になるってのが今のやり方なんです。

この点は民主主義と同じですよね。

ファンダとかテクニカルとか短期とか長期とか色んな人がいてそれでいいんです。各々の意思で高い・安いの判断をし売買を行うことで自然と適正価格が決まるんだと確信してます。

--

「仕事」とは何か。仕事とは赤の他人を幸せにする行為、とします。

例えば、高校野球。彼らは仕事なのかと言われればそうではないだろう。スポーツとして競い合うことで健やかな成長を目指したものであり、お茶の間の閲覧者を楽しませる必要はないし、その責任もないし、対価を貰うこともない。シュミとかアソビで括られると不本意だろうが、外野が何を言おうが放置しておけばいい。

プロ野球はどうだろう。プロであるからには観客やファンを楽しませることが必要とされ、不本意な業績であれば職を失う。その分、業績に対して対価を貰う。ファンという赤の他人を楽しませることが彼らの役割であり仕事なわけだ。

--

「投資」は「仕事」となり得るのか。

まず適正な価格付けを行うことは、社会の発展につながることは認めて欲しい。例えば、新薬事業に融資が付くわけもなく投資家からの増資で研究費をまかないながら上市まで漕ぎ着くしかない。新薬の権利に価格が付けられないのなら、新薬の事業は世の中に存在することができません。投資家も新薬が出来なければほぼ無価値の権利に価格付けをするのだから、何らかの意義はあろうかと思うんですよ。Amazonの例を書こうかと思ったけど長くなりそうなので止めとく =)。

では仕事になり得るのだろうか。

上記の例で例えるのなら精々、高校野球止まりなんだろうと思う。自分の付けた株価が社会のためになったと実感できればまた違うのだろうけど、そいう機会はお目にかかったことがない。結局、自分のためにやったことで誰一人幸せになんかしてないじゃないか、と言われれば反論しようがない。シュミだのアソビだのギャンブルだの言われても、そいう側面があるのは否定しない。

でも投資という行為自体は社会にとって重要な役割を持っているし、それは機関投資家のような一部の人が決めるのではなく、多くの異なった人達の手によって決まった方が面白いじゃないですか。

この部分は否定されたくないところですな。

2017年8月27日日曜日

3969 エイトレッド - 日経IRフェア2017

IRフェアまとめページ

3969 エイトレッド


エイトレッドは、ソフトウェアパッケージの開発・販売がメイン。'16/12上場。四季報の同業他社にラクス[3923]オービックビジネスコンサルタント[4733]ピー・シー・エー[9629]

3687 フィックスターズ - 日経IRフェア2017

IRフェアまとめページ

3687 フィックスターズ


フィックスターズは、組込系のソフトウェア下請けです。売上の半分は東芝向け。四季報の同業他社にアドソル日進[3837]シグマクシス[6088]コア[2359]

7816 スノーピーク - 日経IRフェア2017

IRフェアまとめページ

7816 スノーピーク


スノーピークは、高級キャンプ用品屋さんです。四季報の同業他社にアルペン[3028]ヒマラヤ[7514]ゼビオ HD [8281]

2017年8月23日水曜日

今日の雑談 (8/23)

ソフトウェア業界の財務の闇は深いなうよ



米国の税についてはよく知らないのでコメントのしようがなかったんですが、日本の税ルールについては色々違和感があって感想でも書いてみようかと思ったら、おごちゃんの方が書いてたので紹介。


コッチの方が現場に即していると思う。

投資家として知っておくべきは、ソフトウェア業はいくらでも会計を誤魔化すことが可能でして、これを見抜くのは相当難しいということ。ただし、景気が良い時は需要が逼迫していてキャッシュも回るので問題が表面化しないことが多く、不景気になりだすとインチキ臭い財務が誤魔化しきれなくなり特損という形で表面化しやすい、ということは記憶していただきたい。

はてブのコメントにもあったのだが、ソフトウェア下請けならこのやり方が即していたのだが、自社開発ともなると陳腐する速度が半端ない業界ですので色々厳しいというのは確かかと。

そもそも突き詰めるとですね、ソフトウェア業の売上ってどのタイミングで計上するのかってのが、各社バラバラだったりするんです。例えばゲームソフトとか販売当日から数週間で大半の売上が決定するような業界なのに、何故か安定した売上になっているとか考えるだけでも眠くなる事案があるわけです。深入りしたい方は、ソフトウェア業界における工事進行基準とかソフトウェア仕掛品あたりから調べてみると闇が深くてオススメです。

ぶっちゃけ経営者が売上と言えば売上なんですよええ。

こんな状況なのが分かっていて進捗率投資をやってるのか私には疑問が多いんですよ。粉飾もですね、税金を払ってくれる分には何一つ指摘しようともしないとか投資家にとって敵は多いわけです。

技術の陳腐化による特損に税効果が認められれば、とは思うが説明するのも難しそうだし税金が減る分は地獄の詰問が待っている。あなおそろしや。

余分なことをつけ加えておくと、減価償却するべき資産になるとは言っても、中小企業の場合は
中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例
というのがあって、ごく少額であるなら、これで一括償却(=損金算入)することが可能である。まぁ1件30万未満、年額300万までなんで、本当にごく少額なんだけど。
-- 「 ソフトウェアの資産計上」は業界の求めたこと | おごちゃんの雑文

メチャクチャお世話になりました。ありがたいことです =)。

2017年8月15日火曜日

今日の雑談 (8/14)

心の切り替えって難しいよね


これはBTCに限った話ではないが、投資の行動において、優劣や勝敗のような自己顕示とその投資の結果とをなるべく切り離して考えることが、相場の世界で長く向き合うための大事なコツだと思う。
-- 藤野 英人 - BTCを35万円の時に売ってわたしは相場の天才だと言ってた人をフェイスブックで発見した。... | Facebook

わかる。

謙虚さとはまたちょっとニュアンスが違う感じ。常に変わりゆく相場に付いていく秘訣なのかも。

2017年8月13日日曜日

今日の雑談 (8/13)

新しい社会にモラルハザード対策は必要なのか?


忖度大好き民族ですからね、モラルハザードしまくってウハウハしている連中が許せない道徳観というのは付いて回るわけですよ。

どうもこう、新しく何かを始めようとする時に起こるモラルハザードに対して、どう対応するかだと思うわけです。多分、法のあり方の話にはなるんでしょうが、問題があってからの対処は遅いし、見知らぬところで法が増産されて存在すら知られていないのに守ることになっていたりと、立法府が糞だと言えばそのとおりですねという話になって、やっぱり新しいことなんてやるべきではない、というか既成事実から不肖の子を増産して道徳化するってのがこの民族のやり方じゃないですか、ねえ。

ネットサービスは不肖の子が多すぎるってことかな。成功例がろくでもない。


「高学歴には増税を!」


というボキュの主張を若干汲み取った政策案が胸熱なのです。


色々問題あるよね。

  • 高学歴に群がって本当に必要な人に届かない
    ブティック感覚で学歴欲しがる人を排除できないものかと思ってるわけですよ。そのくせ受験というゲームにだけ長けていて必要以上の学歴をゲットして腐らせるわけです。
    例えば医学に進んだ挙句、専業主婦になったケースとか、医学は相当社会コストが掛かるのにそれを社会活かすこと無く腐らせるとか考えものでしょう。今回の出世払いだと、明らかに余剰に働こうというインセンティブは働きませんよね。専業主婦サイキョーってことになってしまう。ニートでもいいけどさ。
    一律、高学歴に増税をすれば学歴の無駄撃ちするインセンティブが減るって寸法。増税した分を授業料に補填したらいい。
  • 学歴だけ取って日本国籍を捨てるケースに対応できない
    今は日本国籍の方が価値がある場合が多いので、そのケースは稀だとは思うけど今後、どうなるかは疑問。どうせ縦割り行政でしょうから、回収しないまま国籍を変えられて後は放置なってことが考えられる。
    で、教育国債だけが宙ぶらりんという。今の奨励金制度がどの程度焦げ付いているのか知らないけど、焦げ付いた分は政府が保証するなら単なる国債だし、投資家が被るのなら利回りはどの程度が最適なのか難しいところではないかな。
    一律、高学歴に増税しても同じことだけど、このケースならせめて入国拒否くらいの条件は付けて欲しい。

まああれだ。財政を健全化出来ない責任は政府にあるので恩給を大幅に削って、教育費に宛てがったら如何だろうか。何故厚生年金を当てにするのかがよく分からんですわ。


個人投資家は正しく議決権行使ができない、という話


議決権行使の個別開示まとめのページを書いてた過程で見つけたブログ記事なんだが流石に突っ込みたい。

つまり、パッシブ投信は、ただ株式指標にしたがって投資先の銘柄構成比率を調整しているだけ。経営の中身を知ろうとはしないという偏見と思い込みがあるように思います。それはある部分当たっているのでしょう。でないと、ISSやグラスルイスのような議決権行使助言会社がここまでビジネスを伸ばすこともできなかったでしょうから。しかし、一方で、個人投資家がより会社経営に関心を示し、有意義(誰にとってという意味は脇に置いておいて)な議決権行使ができるとも思いません。ただの短期的な値動きや株主優待に惹かれてその株式を購入した個人投資家も多いでしょうから。
-- (大機小機)パッシブ投資家の議決権行使 - 改正スチュワードシップ・コードで機関投資家による個別議決開示の是非 | 経営コンサルタントによる経営戦略と経営管理に効く経営管理会計

インデックス運用の議決権行使がおざなりになっているのではないかという指摘は上記のまとめページに書いてある通り。実際に2000社に出向いて、企業価値向上について真摯に向き合えるのかは疑問が残ります。もう少し突っ込むなら、例えば上場に相応しいとは考えにくい東芝を買い続けなければならなかった仕組みもどうかとは思いますし、投資でもっとも重要な適正価格を無視していることにもなりましょう。

適正価格を意識しない投資はいずれ膨張し破裂します。投資家だけが消えるのなら問題ありませんが、社会を巻き込んで多くの産業を潰したサブプライム問題は記憶に新しいでしょう。適正価格の責務から痛みを伴わない運用を行うと、ああなります。

もう一点。経営に詳しくなければ正しく議決権行使が出来ない、という話にも反論したい。これ民主主義でも同じことを言う人がいますよね。政治もわからないのに投票するんじゃない、と。

そんな馬鹿な。

何が正しいのか正しくないのか答えが難しい事柄には、集合知が用いられるのが時代の傾向です。様々な立場から多くの意見をまとめた結果は案外、正しい方向性を指し示している、という話には合点がいくわけなんですな。ともすれば政治を分かってる奴だけが投票する仕組みにすればそれこそ選民主義と変わらないわけです。

同様に企業の適正価格なんて誰にも分からないはずなんですよ。だからおカネを持った関係者同士が売買することで適正価格に近づけよう、というのが今の仕組みなんです。どうせ経営マスターだけが集まって価格を決めたところで適正とはいえない株価ですよ。

色んな株主がいて結構。有意義かどうかは株主全員が決めることだ。短期売買が正しいこともあるかもしれないし、株主優待は実は正しいことかもしれない。間違った判断をすれば株価なら下落をもって責任を取らされるだけだ。

民主主義も同じことなんだけど、その痛みは民主主義の制度そのものからきていると受け取ってるようで、実は皆、民主主義が嫌いなんじゃないかと思ってる。そうじゃなきゃ、あんな投票率にはなりませんて。多分、選民主義の方が心地よいんだろうし、選民に石を投げることで不満解消しているようなんだけど、ぶつけてる先は単なる傀儡だったりするわけで闇は深いねえ。

「みんなの意見」は案外正しい (角川文庫)
ジェームズ・スロウィッキー
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 63,780


今日のNoize



T.M.Revolutionの再評価をしてるなうよ。当時は否定しまくってたが悪い事したトリー

議決権行使の個別開示まとめ

17.05.59、金融庁が機関投資家に向けたスチュワードシップコードを改定しました。


この中で注目されたのは議決権行使の個別開示です。今までは種類ごとに公開することで済ましていたのですが、今回から個別議案の賛否についても開示を求められています。

2017年8月12日土曜日

今日の雑談 (8/12)

野村AMの議決権行使の個別開示 (4~6月)


今日の雑談 (4/29)の続き。久しぶりに確認したらひっそりと更新されてた。


「退職慰労金支給」と「買収防衛策の導入・更新」には反対しているようですね。私もほぼ同じ方針です。

「退職慰労金支給」は、金額が明示されている場合に限り、賛成することもあります。この制度は税金が有利なんだそうなのですが、金額については取締役会に委ねるしか無く、前にこれが原因で下方修正をした銘柄に当ってしまい、それ以降、ほぼ反対しています。

「買収防衛策」は、株主にとって不都合でしかない。リーマンショックの時は賛成してやったが今は正常な環境なので、それでも買収防衛策を継続したいというのは経営者の甘えでしょう。現金がダブついているのなら投資か配当に回すべきだろう。いざとなった時というんだが、常日頃から対話をしていなく増資も借入も出来ないというのならそれこそ糞経営者ってことだろう。最大の買収防衛策はMBOです。オススメですよ =)。

株主提案ではほぼ否定されていますが、その中でも賛成してくれる事案もあるようで心強い。しっかりとした提案なら機関投資家も交渉に応じてくれることの証左です。


やっぱり、みずほFGだよね。みずほFG:株主総会からみると配当議決を求める定款変更のようです。


うむ。いい勝負をしておる。定款だから2/3の賛成が必要だったっけな。


みずほFGの招集通知から。えげつねえな。


エフピコ[7947]の会長、お亡くなりになってたの今気がついた



鎌倉投信の月報みてたら気がついた。決算説明会の動画くらいでしかみたことがないのですが、あのエネルギッシュな会長は流石と思わせるに十分でした。

ご冥福をお祈りします。


JPX日経400、JPX日経中小型株指数の銘柄入換えが行われました



採用と除外が纏まっているので私の作業がない =)。

ダン飯、買ったなうよ


ダンジョン飯 5巻 (HARTA COMIX)
KADOKAWA / エンターブレイン (2017-08-10)

新展開になってもそこそこ楽しい。継続中。


こっちはどうしよう。そろそろマンネリ感が出てきた感がある。

罪と罰 1巻 (バンチコミックス)
新潮社 (2013-05-31)
売り上げランキング: 866

漫F画太郎パイセンの漫画なんだが、今回半額フェアの対象になってた。気にはなる。

をのころん
をのころん
posted with amazlet at 17.08.12
実業之日本社 (2014-01-20)

また半額対象だ。ひどい下ネタが読みたければ止めやしないw

日経IRフェア2017への参加・不参加リスト

IRフェアまとめページ

日経IR・投資フェア2017で今年参加する企業と参加しなかった企業のリストを作りました。

2017年8月8日火曜日

今日の雑談 (8/8)

↓そもそも粗利って何?って話だよなあ


参考書でも見ろよw

というのもアレなんでさっくり説明するとですね、例えばiPhoneとか出荷されると原価とか調べるサイトあるじゃないですか。


原価ってのは、1台作るための材料費のことです。上記のサイトの調べによるとiPhone 7の販売価格と原価は以下の通り。

  • 販売価格:72800円
  • 原価:23000円

売上総利益は売上から原価を引いたもの。つまり最大利益になります。原価より安い値段で販売したら利益なんて出ないのは誰でも分かることですよね。

粗利率は「売上総利益÷売上」になります。上記の例ですと粗利率は
68.4% ≒ (72800 - 23000) ÷ 72800
となります。かなりの粗利率ですよね。この粗利率は高ければ高いほど儲かります。粗利率を上げるには、販売価格を上げるか原価を下げるしか方法はありません。これがかなり難しい。値段を上げれば販売数が減りますし、原価を下げれば見栄えが悪くなり機能が落ちます。

このバランスが商売のキモなんですよ。

で、宝飾品の原価を調べてみようと「指輪 原価」でググったらまあ酷い。販売価格2万円の指輪の原価は2000円くらいってのがざらに出てきます。粗利率90%の商売ですもん、ボッタクリっすわw

ということで粗利率を使った投資法ってのもあるんですが、それはまたの機会に =)


↓粗利率が改善した理由を考えてみる


トレセンテの買収を忘れてた。

ググった感じだとトレセンテの事業は宝飾品らしい。その企業が連結対象になったのなら粗利改善は納得できる。

宝飾品の粗利は糞高いんですわ。毎日、売れるものでもないですし、値引きをして回転率を上げなければならない事業でもないんです。逆にコスト削減のために駅近ではなくロードサイドに店を作ったとしてもお客さんは来ませんよね、フツー。

宝飾品は、粗利ではなく販管費が重要な事業です。駅近で目立つところに店を構える必要がありますし、高級感を保つために高いケースに展示する必要がありますし、常に広告費を必要としています。粗利が高いので一発売れれば大きな儲けになるのがこのビジネス。宝飾品に必要なのは、質とか量ではなく雰囲気なんですよ。

で、今後のコスト削減ですが、販管費を削ればそこそこの利益が出るのですが、その後が続きません。知名度が無くなれば宝飾品はタダの金属です。ダイヤに至っては炭素の塊ですらからね。だけど販管費は削りやすいんですよ、広告費出さないの簡単だし、設備投資をしないのも簡単。

だけどねえ。高級品の事業転換の難しさは大塚家具とかで分かってるんだと思うんですよね、、、。さてさて。


夢展望[3185]の1Q決算ってどうなんすかね、、、



夢展望のP/Lをみていて疑問が浮かんだのでメモ。

  1. 粗利ってこんなに改善するものなのか?
  2. 「その他収益」の中身ってなんじゃらほい?

粗利は、事業を変えない限り改善させるのってものすごく難しいんですよ。確かにアパレルですとヒット商品が出ると凄まじい利益をひっぱたくことがあるんですが、それでも10%以上上げることなんてそうはないんです。

で、セグメント情報を見てたんですが一つ、凄い利益率の事業がありました。コンサルティング事業です。


売上が2.1億円、営業利益が2億円て。粗利ほぼ100%ですやん、素晴らしい。ちなみに売上からコンサル事業を引くと粗利は47.3%程度に下がりますがそれでも優秀ですよええ。

アパレル事業の売上増の影響が大きいんでしょうね。

--

5.7億円の「その他の収益」は負ののれん代のようですね。


1円で買ってきた事業なんだけど5.9億円の価値があるねうん、ってこと。まあ本当に事業を精算して5.9億円で売却できるかどうかは私には難しくて分かりません><。連結修正ってどんなドナルドマジックなんだろう。トレセンテへの貸付債権が5.6億円あるから、つまりこれはその債権を回収したことと同じジャマイカ?、というマジックなのかな。

うん、わかんないや。

少なくとも現金が手に入ったわけではないのは営業CFをみていただければ。

--

コンサルティング事業の営業利益2億円と負ののれん代の5.7億円がなかったらどんな決算になってたんだろうと考えていたら眠くなりました。

おやすみなさい。

2017年8月6日日曜日

今日の雑談 (8/6)

明日(8/7)、JPX日経200とJPX日経中小型株の銘柄入換えが公開されますね



ちょっと楽しみ。


中小型株のインデックスファンドは既に出来てたのね。変なアクティブファンドを掴むよりはずっと良さそうだ。


今日のNoize




ミュージックビデヲをほのかにdisってて好み =)

IRフォーラム 2017東京メモ (17.08.06)

IRフェアまとめページ

IRフォーラム 2017東京に参加してきました。

2017年8月4日金曜日

6547 グリーンズ - 名証IR EXPO 2017

IRフェアまとめページ

6547 グリーンズ


ビジネスホテル「コンフォート」とシティホテル「グリーンズ」を運営する企業です。コンフォートは、土地・建物を持つことはなく運営のみを行います。グリーンズは、土地建物を保有する事業でM&Aが中心。

今日の雑談 (8/3)

「NISAはキッチリ5年間、運用すると言ったな、あれはウソだ」



NISAの組入銘柄にTOBがかかりました。本来なら2単元買うところだったのですが、資金繰り上、1単元しか買えなかった大して思い出の少ない銘柄です。

とはいえ。

そろそろ過払い金ラッシュから元の成長性に戻る時期でもありましたし、ようやくというタイミングでのTOBはちょっとやるせないですね。株主総会でQUOカードを配る企業でしたので他に行きたい企業がないときには参加させてもらった記憶もあり残念至極であります。

もう少し言及するとですね。

今期は面白い展開が期待できると思いまして、例の10万円以下の銘柄を毎日積み立てちゃうぞー企画が発動していまして、口座資金の割にはそこそこ買い増しできました。松井証券だと10万円以下の現物取引は手数料無料なんですわ。インソース[6200]の時と同じですね。

買付け価格は1072円ですので、概ね1068円あたりをウロウロすることになろうかと思われます。世の中には1068円で買いつけて1072円でTOBに申し込んで4円抜きする人は結構いますからね。株式移管してもいいんですが、まあ面倒くさいので場中で捌いてしまおうかと。

、、、そいや売却は10万円以上やんけ、手数料払わないとイカンねw

2017年7月30日日曜日

今日の雑談 (7/30)

賃貸住宅フェア2017に行ってきました




投資家としてではなくてオーナー希望としてですよ、念のため =)。


  • 去年と比べて民泊ビジネスが少なかった
    保証業務の1社くらいが印象に残ったくらい。去年は清掃やらなんやらが多かったんだが。
  • 宅配ボックスを展示している企業が多数あった
    参入障壁低いっすな。スマホを利用したサービスをメインに話しているところが多かった。
  • 2022年問題」をビジネスにする企業が多かった
    特に弁護士事務所がこの問題にフォーカスをあててきたのが多かった、というよりか弁護士事務所の出展が増えた気がする。過払い金ビジネスの終焉が近いのかしら。
  • ポスト不動産賃貸ビジネスが目についた
    まあ私の投資先としても考えているのでそりゃ目も向けるわw。株価はパッとしないんだけどいずれクルと思ってるんだけど、このセクター嫌われすぎだろ。



ひふみ投信をdisるには色々足りない模様




釣りタイトルに釣られてみたのだがあまり面白くない。

  • モーニングスターのランキングに出てこない?
    いや10年間運用しているファンドで検索すりゃ出てきませんからね、まだ10年経ってないし。5年間運用だと32/50位と中堅の様子。彼の儲かるファンドの認識にはないのかもしれませんが、標準偏差やシャープレシオまで無視して過去のランキングだけで判断するのって大丈夫なんですかね?
  • 運用残高(運用資産?)が高い投資信託は儲からない?
    よくわからないですね。小型株中心だとポジションが取りにくいという話は分からんでもないです。最近、5%ルールにレオス(ひふみ投信の運用会社)の名前が出てきますからね。だけどこれが儲からない理由にはならないんじゃないですかね。私としては運用資産額にあった運用方法があって然るべしと思うんですよ。バフェット然りマゼランファンド然りです。彼らが出来てひふみが出来ない理由はない、と私は思ってますよ。買いかぶり過ぎかもしれませんけどね。
  • さわかみファンドも同じくらい良くない?
    一緒にすんな。ポートフォリオを見ればTOPIXから抜け出せる投資アイディアが枯渇しているのは分かることだろう。ポートフォリオの中身も確認しないんですかね。

投資信託を語るのに何故、標準偏差やシャープレシオには触れないんですかね?買う意味がないと言われるとイラッとくるわけですよ。

で、彼が推奨していた日本新興株オープンも標準偏差は高いんですが、シャープレシオは悪くない。


リスクが高く信託報酬は1.64%と高め。ポートフォリオは小型成長株重視で嫌いではないが、これだと市場のボラティリティと付き合うことになって長期運用は判断しにくいですね。後、中の人、ファンドマネージャが分からない以上、切り替わった時のリスクは相当高いと思っていいでしょう。運用している銘柄からみるに今のファンドマネージャの腕は確かそうだ。

ボラティリティが好みならファンドよりも先物の方がずっと効率がいい。レバレッジがかけられるし市場価格に素直に反応する。中小型株の低迷期を知っているだけに今の相場の結果だけで判断するのは如何なものかと思うわけですよ。多分、ひふみ投信のTOPIXクリンチの話も知らないだろうしね。

この程度で「だまされるな」と言われましても、お前には騙されんわ位の感想しかありません。


「煽り屋の投資が止められないんですわー」


というお話を聞いた。彼曰く「煽り屋についていくのはトータルで勝率が悪くなるのは重々理解しているんだけれども、やっぱり数分で20万円、30万円儲かる時もあってあの時の快感が忘れられずについついやってしまうんですわ」とのこと。

否定はしませんよええ。投資の世界では何が正解で何が不正解かさっぱり分かりませんのでもしかしてそれが正解に近いのかもしれない。でも話を聞いてみるとどうもトータルでは勝っていない様子。

アドバイスをあげるなら2点程。

まず、煽り屋に誰よりも早く付いていく工夫をしましょう。飛びつくと儲かる率が高いとの認識のようなので、まずはその精度を高めては如何でしょうか。偶然Twitterの呟きを見た、というレベルでは勝負になりません。飛び乗るための用意が足りていないと感じました。呟いた瞬間、アラームが鳴るとか工夫してみてはどうでしょうか。

もう一点。スコアを付けてください。この投資法が正しいのか正確に把握できていないように感じました。偶然、高い利益を得た記憶だけが焼き付いている状況ですと、トータルでは儲かっていない可能性が高いです。期待通りに儲かっていないのならスパッと止めることが重要です。

私も競馬でやらかしていた時期があり、その時は穴馬で相当儲かっていた、気分でいました。ふと計算してみると全然儲かっていない。で、ちゃんとスコアを付けてみたら殆がガミっていて利益が出るレベルに達していなかったことが分かりました。ずっと競馬を続けるならこれはいかん、ということでスコアを付け、一番勝率が良い方法を見つける努力をしました。その時たどり着いたのは単勝になりました。要は一位になる馬を選べばいいだけのゲームなんです。一位になる馬が選べないのに連複なんてやるべきじゃない、とね。そのかいもあって年間4割程の収益が安定して出せるようになったので、こりゃプロ転向か?と色々考えたところ、今の自分があります。どうしようもない人生ですなこりゃw

ということで、極めること、記録を残すこと、これが勝ち負けを確定させる要因になりえます。なんとなく勝った、負けたが一番良くない。

そいうことです =)。

6718 アイホン - 名証IR EXPO 2017

IRフェアまとめページ

6718 アイホン


アイホンは、インターホンを製造・販売を行っている企業です。国内5割シェア。競合はパナソニック。海外売上3割。四季報の同業他社にパナソニック[6752]LIXILグループ[5938]稲葉製作所[3421]

2017年7月26日水曜日

今日の雑談 (7/25)

山口さんのほんとうの株のしくみが50%ポイント還元やってた


持ってないなら買っとき。クッソ安い価格になっとる。

この書籍はバリュー投資を始めるのに必要な知識が揃ってる。オススメだ。



知ってそうで知らなかった ほんとうの株のしくみ (PHP文庫)
PHP研究所 (2013-12-20)
売り上げランキング: 2,814

2017年7月21日金曜日

名証IR EXPO 2017メモ

IRフェアまとめページ

メモなので後で再編集することは十分にありますのでご注意を。


今年もなんか参加しちゃいました。今回で2回目です。名古屋で迷子にならなくなって何よりでございます。

今回前哨戦として4件程回ってきましたのでメモを記載してます。明日も参加予定ですので、更に追記することはあるかもしれません。写真も後で載せます。


フジミインコーポレーテッド[5384]

半導体消耗品。CMPが高利益率を叩き出す。半導体産業に依存するのがネック。

半導体消耗品なのである程度の需要は見込める。半導体装置が売れてる状況なのでいずれ実需が出てくるかと思うのだが、実需が出てこないともしかしてやばくね?とも思っていたりする。

中計はホムペにあるっていう話だから後で見る。半導体全体の状況と3DNANDの影響を聞き忘れたので明日聞く。またIR担当に顔を覚えられたっぽい。


  • CMPとはなんぞ?研磨剤と違うん?
    シリコンウェハを研磨剤よりも高度な技術を要する研磨剤。露光装置で焼いた後、特定の素材を取り除くための研磨剤で、微細化が進んでいる状況で重要な材料になっている。フツーの研磨剤より価格は高め。
  • 研究費の内訳は?
    CMPが半分。
  • 微細化って今どんな感じ?
    Appleの次のiPhoneで使われるのは10nmと言われている。他の半導体メーカーは 8nmを目指しているようだ。理論的には5nmまで可能と言われている。当然、微細化が進めば進むほどCMPの難易度が高まる。
  • 微細化が進むと研磨剤が使われなくなるのでは?
    一概に言えない。確かに使われる面積が狭くなると溶液の量は減るが、難易度が格段に上がるので価格転嫁しやすい。
  • 半導体産業に依存しすぎじゃね?
    今後の課題。6割依存しているが脱却を目指してポートフォリオを増やしている。
  • ハードディスクどうよ?
    低調。大きくは期待していない。
  • 450mmウェハどうよ?
    しばらくは見込みはないと見ている。

富士機械製造[6134]

基板の自動実装ロボットが主力。パナソニックとシェアを争う。工作機械はシェアが小さい。中国市場5割依存。


  • 中国依存、厳しくね?
    成長鈍化が言われているが日本と比べれば十分強い。中国政府からの圧力は感じたことはない。
  • シクリカル事業なのは定め?
    定め。
  • 朝日インテックとの協業って何やるの?
    協業を決めた時点で実際何をやっていくのかは公開できるレベルではない。
  • 介護ロボット、おいくら?
    200マソくらい。政府からの補助金は出る。法人向けにセールスを行っている段階。
  • 開発しているロッカーって宅配ロッカーみたいなもん?
    もう少し高度。取り置きができてスマホで管理ができる。30箇所で運用中。
  • 為替の影響は?
    円ベースなのでさほど受けない。
  • 優待は?
    ないなあ。


  • 中計最終年度だが達成の見込みは?
    難しい。船舶と建機の低迷が響いた。特に造船が強い韓国で大きく崩れ、自国の産業を守るために他国の部材の採用を禁じたことの影響を受けた。

中央可鍛工業[5607]

「鍛」とあるが鋳造メーカー。自動車が8割。加工で設備投資が多くなる傾向がある。電気自動車向けに軽量化、アルミの加工を検討。ストック型の収益に興味なし。


  • 経常の営業外収益の中身は?
    持分法会社の利益が主。日本の自動車部品会社と共に中国の自動車部品会社に出資した。出資比率は3割程度で出資分は3年で回収した。

    この出資先、結構優秀で、自社と同じくらいの利益を上げているので聞いてみた。もう少し安定した事業だったのなら投資する勝ちがあるかもしれんと思ったんだが、自動車部品だからちょっとマイナス目線。妙味はあるかも。


電材商社。自動車向け9割(デンソー、トヨタ自動車向け)。企画段階から参入できる強みを活かし、IoT関連のソフトウェア開発を自社で請け負う体制を作るために人を雇うために今期は減益を予想している。商社とソフト開発部門を切り分けてHD化を予定。

  • ソフトウェア開発はデンソーの下請けがメイン?
    しばらくはそうなる。

    いずれ自ら企画したい希望はありそうだが、そうなるとデンソーとバッティングしそうでどうなんだろうね。
  • ルネサスがメインだけどSHとかAIに向いてなくね?
    SHは未だに車載でよく使われている。しばらくはSHを使うのではないか。AI等のパフォーマンスを必要とするのはネット経由になるのではないか。

    5G系に話を持っていったがこちらは強くないっぽかった。
  • IoTって何をやっていくつもり?
    工場向けIoTをやっていたのでこれの延長を考えている。IoTの実績はある。
  • データセンターとか今時、古くね?クラウドに勝てんの?
    顧客が必要としているので保有している。需要はそこそこある。

    正直、中途半端にデータセンターを持つのは危険ではないかと思ってる。クラウドで大半を済ませてしまう企業が多くなっているし、コストとの兼ね合いを考えるとごく一部の用途にしか使われなくなる気がしている。データセンター専業になる気がないのなら閉じたほうがいいんじゃまいか。
  • 黒田電気の影響は?
    特に無い。

ポバール興業[4247]

ベルト8割、半導体2割。ベルトは成熟産業。サファイヤの研磨剤の需要は少ない。液晶向けが多い。上場で顧客増えた。



5.9号機、6号機の話を聞いてきたが書かない。結論はどうなるか分からない、とのこと。


あみやき亭[2753]

6月月次の異常値は、半額セールの影響とのこと。半額、食べ放題の引き合いが強いらしい。デフレに向かってますな。人件費の高騰への対応について聞いてみたら教育強化を言ってたけど、削減につながるとは思えない。

ニチハ[7943]

前期の利益向上は、物流コストの見直しが効いた。今期も更に見直す。国内の競合はケイミュー。窯業系は10年しか持たないが、数年前に開発した商品だと15年以上持つとのこと。同伴者は「これはすごいことだよ!」と感動していたんだが、よく分からん。ハウスメーカーに選択権があるらしく、コストとの兼ね合いがあって新製品が表に出るかどうかはよく分からないらしい。非住居向けの新製品の引き合いは上々。米国市場は伸び代が高い。

岐阜造園[1438]

造園業。独立系により利益率は高い。個人7割、公共3割。どちらも利益率は変わらない。従業員の増やし方については中小企業のM&Aを視野に。リゾートトラスト[4681]から仕事をもらうことが多くなった。上場により東京からも話が入ってくるようになった。鞍替え上場はしばらくは考えていない。

日本商業開発[3252]

亜流の不動産ビジネス。今までよくわかっていなかったので説明してもらってきた。割と面白かったので後で説明してみたい。




2017年7月19日水曜日

今日の雑談 (7/19)

何故、ケツにチャックが付いているのかボキュには分かりません><



利便性の追求なんだとは思うのですが。

つか18禁でないのが疑問なのだが、まあ数兆円規模の大企業様がそうだというのだからそうなんだろう、ああそうにちがいない。


MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣


MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣
日経BP社 (2017-07-13)
売り上げランキング: 22

藤野さんの紹介文があったので立ち読みした。

正直、決算短信や有価証券報告書を読むための書籍ではなかった。IT系の決算説明書を読む書籍かな。同業他社比較が難しそうな感じなんだがどうなんだろう。比較が出来ないと投資には難しいんじゃまいか。



いま仕込んでおくべき10倍株、教えます!


いま仕込んでおくべき10倍株、教えます!
クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2017-02-13)
売り上げランキング: 21,652

DUKU。さんが浅香さんの書籍をオススメしてたので半額のタイミングで購入。

会社四季報オンラインを活用した銘柄選択方法の例は参考になるんじゃないかな。色々スクリーニング方法を紹介してる。組み合わせ次第で役立つのかもよ。

個別銘柄についてはボキュの苦手な銘柄ばかりなのでなんとも判断しにくい。例えばデファクトスタンダード[3545]とかビミョーな感じが続いているんだが、これは中古市場が過熱していて競合が増えたのが原因だと思うんよ。特にメルカリとかね。市場動向とか同業他社比較とかリスク要因とかフツーの証券レポートにある当然の内容が無いのはどうなんだろう、とは思った。個別銘柄を教えるより証券レポートを入手する方法を教えたほうが応用が効くと思うのだがいかがだろうか。

売買タイミングについてはほぼノータッチ。


株価を見ない株式投資 上: ~中長期投資への手引き~


株価を見ない株式投資 上: ~中長期投資への手引き~
(2017-06-20)
売り上げランキング: 274

さっかく(@sakkaku2013)さんという方の著書。Twitterで回ってきたので読んでみた。Kindle Unlimited対象。

中長期投資で成長株を投資する方法について記載されているんだが、総花的に扱われているのが惜しい。例えば参入障壁ひとつ取ってもかなり奥が深いんだが、用語説明してさらっと流すのは勿体無い気がするんだよね。具体例や事例を挙げてあげれば応用が効くはずだろう。参考書籍を紹介してはどうだろうか。

バリュー投資の教科書も総花的に扱っているが割と深堀しているしボリュームもある。上記の著書でもっと知りたいと思った時に役立つだろう。


株式投資羅針盤(2017年7月版) いま買っておきたい特選株



Kindle Unlimited対象なのでたまに読む。毎月発刊。

銘柄説明でマクロや社会情勢には殆ど触れられていない。銘柄は成長株がメイン。毎月出版されているが前の月と銘柄は殆ど同じ。2~3銘柄の入れ替えがある程度。見知りの銘柄ばかりなのでいつもかなりの速度で読み終わる。ビジネスモデルの解説なので知ってる銘柄だと読む場所がない。


やる気が出ねえ


ほうっておくとまたばくはしそうになるのでなんか書くか。

2017年7月9日日曜日

今日の雑談 (7/9)

ファーストコーポ[1430]の撤退戦




場中に個別銘柄を呟くのはどうかとは思ったんだが約一名、銘柄をパクった可能性のある奴のために呟いてみた。決算バクチとして警告してたのに案の定、パクってたし逃げ遅れているしもうねw

7/7に決算があるのは知っていたんだけどてっきり引けてからかと思ってたんよ。後場寄付き前にやけに売り買い交錯してたんで、これはやらかしたかなと。確認したらやっぱり決算が公開されてました。

短期戦の4Q決算開示で確認する箇所はただひとつ、業績予想ですな。


悪くない。が四季報並だ。

既に寄付き前の評価は随分割れてしまっている。+2%程度ではバクチの意味がないのでこの時点で半分始末を決定。1100円以上は売り圧力が強いのでもう半分を場中に投げて撤退完了となりました。


今後は決算説明会後の評価になろうかと思うのですが、結局のところ、このセクター全体は非常に評価が悪いのに尽きます。相場が枯れてくる8~9月あたりで見直される可能性はあるかもしれませんが、今からそれを期待するのもアレです。

その時になってから考えましょう =)。長期的には一切諦めてませんよ。



ここで赤字決算が定着している日本通信[9424]の役員報酬を観察しましょう =)



去年、今年と赤字が続いた日本通信なのですが他社と比べてエキセントリックな役員報酬で有名だったりするわけです。


去年は全体で4億円、その内、会長の三田さんの役員報酬は総額2.6億円でした。


今年も全体で4億円、その内、会長の三田さんの役員報酬は総額2.6億円でした。

役員報酬、変わってないしw

流石の東証一部上場の日本通信、貫禄ですね。

ちなみに2.6億円の役員報酬は日本の会社ではかなり高い部類になります。今年の役員報酬ランキングは73位でした。ちなみに僕らのキトーの役員報酬は全体でも毎年2億円以下です。毎年のストックオプション発行は許してあげてくださいorz。



浮動株が2割強もあるのに圧倒的な強さで役員に任命されているようで何より。野村とかの機関投資家の判断も見たいところです。

MSワラントっぽいのも蠢いている割に株価がそこそこ安定してるのは、やはり三田さんのポエムが聞きたくて仕方がないのでしょう =)。

2017年7月7日金曜日

今日の雑談 (7/7)

「さわかみ vs ひふみ」は誰が企画したんだろう?




いいぞもっとやれ。

草刈さんの方が天然に近いのか素人っぽいのが好印象。ひふみ投信の回転率の高さとかさわかみ投信の銘柄を絞り込んだ理由とかナカナカ痛いところを突いてる。

日本株への投資について藤野さんの話が辛辣だったので引用しておく。

これからの10年間というのは、日本企業が更なる苦境が待っている。問題は日本の企業の経営者にある。日本人そのもののクオリティというよりかは、日本の大企業の経営の劣化が一番の問題だろう。ちゃんと選別して必要なものは米株、必要なものは日本株(を組み入れる)。
でもいずれ変わります。絶対、変わります。
10年後、15年後くらいに日本の時価総額上位は、1/3は米国に買われて、1/3は中国に買われて、1/3は日本の内資で頑張る。全部、成果に厳しい会社になる。成果に甘い会社は潰れるか消えるのは世界の流れ。ある面で見ると頑張って働かなければいけない。かつ社員全体で50~60%はやる気ありという状態に変わってくる。その時に日本は復活するだろう。

企業に優秀な経営者を育てる仕組みがない、という話はよく聞きます。今は優秀な従業員の延長に経営者という席が用意されているんだけど、従業員の立ち位置で経営を行っているのが致命傷なんだと感じてます。経営者と従業員というのは、立場が違うのが理解できていない。

優秀な経営者を育てるには、それなりの経験を積ませなければいけないんだけど、創業者が優秀だとその成長の芽を摘んでしまうことが多いように思える。大企業に多いサラリーマン経営者だと経営責任を逃れるスキルばかりが発達していて、リスクを取って経営することを避けてしまっている。プロパーで固めた企業が外部から経営者を呼び込むなんて判断はしないだろうし、経営責任を押し付けるだけの存在として置物代わりになるのが目に見えている。

先々、苦しそうで何よりだ =)

草刈さんはこんな方。

草刈氏は01年に大学の建築学科を卒業後、在学時から所属する芸能プロダクションで舞台俳優の道を歩み始めた。25歳でその道をあきらめ、就職活動の厳しさも味わいながら住宅ローン販売会社に入社。数カ月後にさわかみファンドのセミナーに参加したことが大きな転機となる。一般的な投資セミナーなら「うちのファンドを買えという話になるが、将来の子供や孫、社会に還元するために頑張れと言われ、衝撃的だった」とファンド創業者との出会いを振り返る。カリスマの存在に引かれて08年にさわかみ投信へ入社、業務管理部門を担当しながら投資をゼロから学び、アナリストを経て10年11月にファンドマネジャーになった。
-- 「さわかみ」イズム継ぐ元俳優運用者、手法でカリスマと一線画す - Bloomberg

運用実績ない人が運用して大丈夫なの?って質問はこいうことなんですな =)。

今日のNoize




ラジオ日経を流したら流れてきた。時間によってはアニソンも流してるのねw。

2017年7月5日水曜日

今日の雑談 (7/5)

岡崎パイセンのREIT解説



今日のラジオ日経で東証REIT指数が下げ続けている理由について岡崎さんが解説していたのでメモ。

  • 毎月分配型ファンドの抑制による影響
    金融庁の森長官の指摘で顧客本位でない投資信託が抑制された影響が出てきているとのこと。REITは毎月分配型ファンドで好まれて組み込まれていた資産で、その解約が続いている影響を受けている。
  • 地銀の統合化による影響
    地銀、地方金融機関の統合により、資産のポートフォリオの統合が行われている。地銀は安全資産としてREITを多く組み入れており、余剰なREIT資産を売却せざるを得なくなっている影響を受けている。

REITの本質的な価値が下がっているわけではない。REITを吟味するコツは以下の通り。

  • 格付けシングルA以上
  • 物件数が30件以上
  • LTV(Loan To Value)は55%まで


2018年夏のIRフェアまとめ


決算説明会さんのツイートを纏めてるついで集めてみた。こんな脱線ばかりするから作業が進まないのはわかってるんだが性癖のようなものなのでもう仕方ないね。






小売業の粗利が低下しているのが気になってるなうよ、、、


エービーシー・マート[2670]薬王堂[3385]の1Q決算をみて、粗利の低下が気になった。

小売の粗利低下は致命的だろう。決算短信では触れられていないが、非正規の人件費高騰が影響しているんじゃまいかとみている。非正規の比率が高い小売は特に注意が必要かもしれない。

今後、この利益に対してどう市場が織り込んでいくのかなというのは気になるところではある。全体的に下げるのか、マシなところから評価されるのか。


バーチャル・リアリティは悪である


17年前の政府の教育方針のひとつ。元ネタの1.子どもへの方策もまだ総理官邸のページに残ってました。

どこの蛮族だよw


今日のNoize




元ネタは北千住駅で職務質問に遭いました - YouTube

本の虫: 警察官に職務質問をされた話とかみてふと思い出した。所詮、岡っ引きが祖先なので底辺なのは仕方のないとこかもしれんけどさ。なんか自警と大して変わんねえな。

今日の雑談 (7/4)

ひふみ投信、テラ[2191]への第三者増資について説明


詳細はひふみアカデミー6月の動画を見てほしい。

投資信託が第三者割当増資を割り当てられるのは、日本で初めての試みなんだそうな。時価総額が100億円にも満たない銘柄は増資がしにくく資金需要を満たすことが難しいんだそうな。そこで今回、第三者増資を受け入れる形で資本を提供したってこと。

実のところ、公募増資は制度が複雑で調達コストがかなり掛かるので、調達額が少なくならざるをえない小型株では活用しにくい話を聞いたことがある。

そこで生まれたのがMSワラントです。

MSワラントの前に猛威を奮っていたMSCBってのがあって、証券会社が投資家を搾取しまくる事例が重なり、この運用方法を選ぶ銘柄は投資家から恨まれることになりました。

MSワラントは、株価が上昇しているなら公募増資よりもコストが安く、調達目的に制限が加わらない利点があり、無闇に否定するのもどうかという気持ちもあります。増資は資金調達の方法の一つです。折角、上場しているのだから活用して欲しい。ただし、投資家に対して調達の優位性を説明し、実際に企業価値を向上させてほしいんです。

残念ながら日本市場での増資は、成長のためではなく経営の継続のために強行する場合が多いように感じています。例えば、野村HDはサブプライムローン問題後、数回に渡って増資を行いましたが、成長のためではなく倒産を防ぐ目的でした。投資家に何ら説明もなく、いきなり増資に次ぐ増資。当時、こんな企業には二度と投資はしないと誓ったものです。

今回の第三者増資が企業価値の向上に繋がり、病気に困っている人を救うことができれば最高じゃないですか。失敗しても運用資金の1%が溶ける程度です。その時は責任を持って他の銘柄で1%以上の利益を出してもらいましょう。

こいう試みは続けて欲しいです =)。


ひふみ投信、米国株投資始めたってよ


上位3位のマイクロソフト(MSFT)と7位のアマゾン(AMZN)が新規に組み入れられていました。マイクロソフトは、停滞しているWindowsやOfficeなどのソフトウェア販売よりも成長著しいAzereというクラウドサービスの成長を見込んでのことかと思われます。AmazonもAWSの成長性とストック型収入の安定性を見込んでのことでしょう。

米国大型株を選んだ理由はひふみのあゆみに記載がありました。

米国株の投資は当面10%以内を考えております。日本の超大型株の代替投資という側面が強く、日本の超大企業の成長性不足を一部米国株でカバーする戦略です。
んー、ぶっちゃけダウ平均やナスダック指数に連動するETFを組み入れたほうが良かったんじゃまいかと思ったんだが、今回はテストケースも兼ねているんでしょうね。

  • http://123.rheos.jp/investment/monthly_report/hifumiAcademy_201707.pdf


保険業は出資先の長年の癒着から開示できないことは分かってることなのにね =)


投資先企業の株主総会で行使した議決権の個別開示をめぐり、日本生命保険は4日、開示を見送る方針を明らかにした。長期保有が前提で、開示内容自体が株式の売買材料になることへの懸念などが理由だ。
-- 議決権の開示 悩む運用会社 日生、当面見送りへ  :日本経済新聞

株式持ち合いの原点ですからねえ。

社歴の長い銘柄の場合、特定の保険会社やら財閥系列の保険会社が大株主にいることが多いんですな。安定株主として保険会社に長期保有してもらう代わりに、その系列の保険会社を従業員に強制させるという慣行が続いたまま現在に至るわけです。

この昔からの慣行を断ち切らせるためにコーポレート・ガバナンスやらスチュワードシップコードを推し進めているのに馴れ合いが一向に改善しないので更なる圧力として議決権の開示を強要したってわけ。で、商売上がったりなんで勘弁してけれってのが今回のニュース。

クズですねえ。

真っ当に議決権を講師するつもりがないんだったらインデックスファンドに切り替えて、証券会社に丸投げしたらどうか。無責任さは残るものの今よりよっぽどマシだ。

ただ、大半の運用会社や信託銀行は個別開示に踏み切る。三井住友信託銀行や野村アセットマネジメント、大和証券投資信託委託は6月の株主総会の結果について7月中の開示を予定。仏系のアムンディ・ジャパンも一転、個別賛否の公表を決めた。運用会社が横並びで個別開示を決めたのは金融庁の方針に加え「資金の出し手」である公的年金の意向が大きい。年金積立金管理運用独立行政法人など4つの公的年金は6月上旬、連名で個別開示を求める文書を運用会社に送った。
-- 議決権の開示 悩む運用会社 日生、当面見送りへ  :日本経済新聞

やるじゃんGPIF。流石大口様やで。

直接、議決権行使は禁止されてるものの出来る範囲での努力は怠っていない証拠。運用会社はGPIFの靴底を舐めるようにして情報開示したらいい。