2016年12月4日日曜日

今日の雑談 (12/4)

明日の子供たちのために年金額を減らすべきだという話



そもそもは今の年金の運用利回りが高すぎるってことですよ。物価上昇まで織り込んで名目3.2%ですからね。

本当なら現実的な運用利回りに計算しなおして減額しなければならないんですよ。かつての厚生年金の乱パ気味な資産運用とか考えると、恩給とかも減額してもいいと思うんですがまあそれは別の話か。

実際、今の運用では支払いが出来ていないので国庫、つまり税金を使って年金を拠出しているんですな。財務省からすればこの資金をどうしても削りたいわけです。


外国株とのベンチマーク比較って難しいですよ


国内債券と国内株式、外国債券の実績はベンチマークを上回っており、「勝ち」なのだが、外国株式は「負け」ている。0.15%という差は小さいようにみえるが、外国株式には9月末で27兆7358億円を投資しており、0.15%を単純にかければ400億円余りに相当する。
-- 年金運用は結局「勝っている」のか「負けている」のか(磯山 友幸) | 現代ビジネス | 講談社(2/2)

正直、これは誤差でいいと思います。

外国資産に投資をするので、ある程度は為替ヘッジやらコストやらがかかります。ベンチマークはそのコストを無視しているのでこの程度の誤差で済んだのは健闘したほうかと思われます。つか他のインデックスファンドと比べてみてくださいよ。


積立NISAに需要あんの?


財務省は少額投資非課税制度(NISA)で、年間の投資上限が60万円で10年の非課税期間がある新制度を創設する方針を固めた。
-- NISA、積立型は10年非課税 財務省方針 年60万円上限 :日本経済新聞

従来のNISAと併用不可らしい。イラネ。




なつさんツイート集


たまに纏めたい。



受注は確認しましょう。

決算短信の1ページ目には出てこない数値です。受注状況がその後の売上の先行指標になりやすいです。受注残については売上との兼ね合いで判断しましょう。受注残が少ないと回転率が少なくなる一方で、受注を溜めすぎると為替変動や物価、資源価格などにより利益が変動します。概ね大型の受注なら半年程度が計算しやすいですね。一台、数十億の機械を販売しているところとなると、これもまた難しい。

受注、受注残はバランス重要。パッケージ販売、システム販売等、比較的売上まで時間が短い受注は好印象です。



暴落時に買うスタイルは投資に近いですね。投機、投資どちらでも利益は利益、上手く鞘が取れる自分の手法を身につけるのが先決かと =)。



粗利率に注目する投資法は昔、流行ったやつですね。

粗利率は、企業が公開している売上原価がバラバラでして単純に比較するとろくでもない結果になります。特に自動車部品とかね。あれは稼働率も考えないと行けなくて、それが粗利になったり販管費になったりともうね。また経営者が変わると売上原価の考え方が変わるのが一般的です。ちょいちょい決算の数値を弄ってくるプロ経営者もいて、判断に迷います。

本来の原価率を知るには高田直芳さめの書籍を漁ると面白いんですが、投資には役立たないことを保証します =)。経営コンサル向き。




IFRSののれん償却ネタですね。

日本基準ですと定額法で10~20年償却が多いのですが、IFRSだと償却は一切しません。その代わり、買収先の収益が落ちればその都度、減損チェックをするというのが会計ルールです。現存するべきか、最終的に判断するのは経営者ですが、監査や監査法人からの追求もあって安心できるものではないのです。

一般的にはIFRSにしておくとM&Aで機械的に減損する必要がなくなるので、1ページ目の見栄えが良くなる傾向はあります。楽天のIFRS変更とか株価推移をみるとやっぱりアレなんだなあ、とも。




不動産賃貸業では聞くワードだけど、最近、あまり聞かないですね。ソシャゲも賞味期限が随分短くなってきましたし、経営者と現実の乖離も酷くなってましてさてさて。



ブランジスタのことかーーーーーー(悟空風

投機なら初動で乗ることが重要かと。初動で乗るコツは多分、彼のセミナーでは掴めないと思うんだが、なんだろこのミスマッチ感。




ただのアンケートと侮るなかれ。先行指標としての精度は高い。

日本の場合、日銀短観や景気ウォッチャー指数がそれに当たります。





ボキュは、取り敢えず1ページ目のインパクトを確認。

次に会社コメントを流し読みつつ、見知りの銘柄ならキャッシュフロー計算書を見ます。B/Sはそんなに大きく変動することはフツーあり得ないです。キャッシュフローのバランスと昔、ブログに書いた簡易的アクルーアル(会計発生高)を確認しています。あれ、メチャクチャ簡単な方法なんだけど恐ろしく役立つぞ、未だに。

後は、受注高があれば受注状況を、月次があるなら月次状況を確認して1ターン終了でしょうか。最近は株探とかの影響力が強いので確認しておく必要が出てきました。困りましたね。




減価償却は、定率法か定額法かを確認したほうがいいですね。

この減価償却の年数を結構弄る経営者がおりまして困りますね。何か大きな買い物をした時、その償却分がどの程度になるのか、特に装置産業なら考えて投資するのが宜しいかと。


その役目はウェザーニューズにやって貰いたいんだよね、、、


荒木研究官は「集まった写真は、気象庁の観測では得られないビッグデータだ。今後、雪を降らせた雲の状態だったのか解明することで、予測が難しいとされる関東甲信の雪の予報の精度向上につなげたい」と話していました。
-- 関東甲信の雪 3000枚超の結晶写真で予報精度向上を | NHKニュース

どうもこう、ウェザーニューズはコミュニティの維持ばかり気にして、新しい取り組みが行えていない気がするわけですよ。

惜しいよなあ。


今更、小規模事業者のフォローをしてもなw


また、2013年4月施行の改正労働者契約法には、有期労働契約が繰り返し更新されて通算5年を超えた場合、労働者の申し込みにより無期労働契約に転換できる「無期転換ルール」があり、その適用が2018年に迫っている。そのため、企業では人材派遣からアウトソーシングサービスへシフトする動きが活発化しており、人材派遣業市場の拡大を妨げる要因となっていると同社は指摘している。
-- 人材派遣業、人材不足で市場拡大が続く中、 法改正の影響を受け、小規模事業者の倒産が増加

正直、法改正が行われる度に現場が困り果てるわけですわ。

中小のブラック企業は潰れろと皆様はおっしゃるのですが、その受け皿を用意してくれることもなく自己責任という謎ワードを押し付けてくるわけでして、いやあホント黙っててくんね?と思うこともシバシバ。

今時の大企業はそれなりの規模の派遣会社しか付き合いませんし、人材は流動的なので中小から大手の派遣に切り替えてしまうのですよ。大手しか行きられない状況を分かってるので、当方も投資しやすかったわけでして。

で、アウトソーシングへの流れは今後もっと強くなろうかと思っています。人材不足故に本業以外の作業は外に振るのは仕方ないところでしょう。


ドルベースで見たら日本株は大して評価されてはいない



EWJ(iShares MSCI Japan)とS&P 500との比較です。

明らかに米国大統領選後の株価推移で差が付いているのが分かるでしょうか。正直、日本株なんて何一つ評価されていないんですよ。単に為替が円安になっているから株価が上がっているだけで。

何故、ドルベースで比較するかというと、世界的なポートフォリオはドルを中心に構築されているからです。日本市場は売買全体の6割が外国人投資家と言われています。そりゃドルベースでポートフォリオを維持しようとするのは当然でしょう。

ちなみにEWJは、米国に上場している日本株のインデックスファンド(ETF)です。日本円ではなくドルで売買されているので、ドルベースで比較しやすいんですよ。日経平均よりTOPIXに近い構成になっていますが、概ね株価推移は同様と思って間違いないでしょう。





6086 シンプロメンテ、3093 トレジャー・ファクトリー - 今日の決算説明会さん

決算説明会(@gantky1)さん、まとめページ

6086 シンプロメンテ


シンプロメンテは、外食関連のメンテナンスのアウトソーシングを行っている企業です。四季報の同業他社に2453 JBR9616 共立メンテ2304 CSSHD






15.10.18からの続きになります。



3093 トレジャー・ファクトリー


トレファクは、リサイクル店を経営する企業です。四季報の同業他社に2674 ハードオフコーポ2780 コメ兵3181 買取王国






15.04.12からの続きです。


気になった点をあげてみる。

  • ドミナント効果が薄い?
    しばらくは厳しいでしょうね。お店同士で商品を融通し合う体制ができるのは暫く先かと思われます。事業展開を広げるためには見知りでない土地にも店舗を置いていく必要があるのでしょう。店舗が広がる内にドミナント効果が増えてくるんだと思います。
  • ブランド古着のM&A
    トレファクでもブランド品を扱っていないわけではないので、何らかのシナジーが出てくると面白いかもしれません。。ブランド古着自体は、ゲオHDのジャンプルストアの月次をみる限り、追い風にあると思ってます。
  • 出店した直後は月次が落ちる傾向がある
    この現象は前からあって、飲食店の逆ですね。IRの人に聞いた話だと、新規出店すると既存店から販売する商品を分けてもらうことになるので、販売する商品が減るので一時的に売上が落ちるんだそうな。他から商品を購入するでしょうから粗利も落ちるでしょうね。
    買取と販売のバランスが取れるまで時間が掛かるらしく、出店してから半年~1年くらいから利益に貢献してくるんだそうな。
    で、今久しぶりに月次を確認してみてるんだが、ここ数年は出店しても既存店が強かったんですね。こりゃ凄い。私が知ってるのは2013年あたりまでの月次でして2015年の月次からは不安を感じさせない感じですね。
    この話は上場直後にIRの人に聞いた話でして、状況は変わりつつあるのかもしれません。
  • 株価について
    同業他社と比べても今くらいがちょうどいいんだと思います。一部で煽られすぎたんでしょう。私は比較的安全な投資期に入ったのであろう、という認識です。投資から収益まで時間が掛かる事業ではあるものの、安定したキャッシュフローは魅力です。

面白いと思うんだけどなぁ。


2016年12月3日土曜日

【NISA】 NISA口座の状況 (16/11末)

NISA口座の状況 まとめページ

ということで11月末の運用状況です。


増えました =)。

+21.66%(10月末) → +25.95%(11月末)と4.29%となりました。
対してTOPIXは、1,393.02(10月末) → 1,469.43(11月末) と5.49%と上げています。

今年は12/27(火)が権利確定日、12/28(水)がNISA枠新設となります。まあまた初日でNISA枠を無くす芸を披露することになろうかとは思うのですが、今回は組み入れ銘柄に決定打がなくて困ってます。毎年恒例の年率5%アイディアも殆ど入れ替えは行いませんでした。


どうしたものやら。

--

以下は日経平均チャート。


--

以下はドル円チャート。


--

以下はマザーズ指数。


--

以下は業種別ランキング:日本株 - トレーダーズ・ウェブより。


6245 ヒラノテクシード - ジェイリバイブ (16.11.18週次)

ジェイリバイブ(SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ) まとめページ

6245 ヒラノテクシード


ヒラノテクシードは、電子部品を製造する機械を製造している企業です。四季報の同業他社に6246 テクノスマート

今週は、独自技術で最先端製品の製造工程に貢献している「ヒラノテクシード」をご紹介します。同社ではフィルムやガラス・ 紙などの基材に膜を塗布する工程で使用される装置を開発しており、湿布などの医薬品からエレクトロニクスまで幅広い分野 で活躍しています。強みは、1935年の創業以来培ったコーティング技術(高精度で薄く均一な塗布)、ラミネーティング技術(多 彩な素材を貼り合わせる)、乾燥技術(基材や薬液の特性に応じた乾燥)、制御技術(基材の走行をコントロール)にあり、これ らの要素技術を最適に組み合わせて顧客企業の期待に応えています。さらに、本社工場に併設した研究・実験施設の「テクニ カム」には、世界でも最大規模のテスト設備を備えています。そこには顧客の技術者が頻繁に訪れ、同社の技術者と一緒に なって開発に取り組むことで、最先端の装置を生み出しています。また、2014年3月には、子会社で真空中の材料を気体状態 にして基材に積層するドライプロセスで高い競争力をもつ「ヒラノ光音」の工場を本社隣接地に移転し、顧客の要望によりトータ ルで応えられる体制を構築しました。

足元の業績も好調です。2017年3月期上期の受注高は前年同期比30%増(111億円)となり、足元では真空機器関連とリチ ウムイオン電池向けの受注が増加しています。真空機器関連は「ヒラノ光音」が中心となって手掛けており、スマートフォンの ディスプレイ用部材などの製造工程で使われます。リチウムイオン電池向けは電極材の塗布装置として使われており、自動車 向けなど用途が拡大しています。この他にも、自動車向けの需要が期待される炭素繊維複合材の製造装置や、曲がるディス プレイなどに使われるポリイミドフィルムの製造装置など、今後需要拡大が期待される分野での開発も進めています。同社は 将来に向けて種まきを続け、しっかりと花開かせていくことで中長期的な成長を目指しています。

16.06.24からの続きです。


2Q決算前に通期上方修正を行っています。2Q決算の受注状況でも確認しますかね。


相変わらず好調で何より =)。

IRフェアにも出展しているので色々聞いてみるのも面白いかもしれません。

  • http://apl.morningstar.co.jp/webasp/pdf/weekly/2006073104_W_20161118.pdf

2410 キャリアデザインセンター - ジェイリバイブ (16.11.25週次)

ジェイリバイブ(SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ) まとめページ

2410 キャリアデザインセンター


キャリアデザインセンターは、転職を支援するサービスを運営しています。四季報の同業他社に2124 ジェイエイシーリクルートメント4849 エン・ジャパン2154 トラスト・テック

今週は、ニッチ(隙間)領域に特化した人材関連サービスを展開して、着実な成長を続けている「キャリアデザインセンター」 をご紹介します。多くの大手同業他社が幅広く総合的な人材サービスを志向しているのに対し、同社は創業当時からキャリア 志向の高い人材層にターゲットを絞り、この層に対して質の高い採用サポートを多角的に提供するという戦略を採ってきまし た。特に“エンジニア”と“女性”に強みを持ち、それぞれの分野を対象として、インターネット上の転職サイト、人材紹介、人材 派遣、転職フェアなどを展開しています。大手が総合店ならば、同社はいわば専門店的な人材サービス企業といえるでしょう。

主力サービスである転職サイトでは、主にエンジニアの求人情報を掲載している『@type』が大きな柱となっています。月間 100万人以上の訪問者を集めるなど特化型サイトとしては日本有数の規模を誇り、エンジニアが転職を考える際にはまずこの サイト名を想起するほどのブランドを築いています。着実な成長を続ける『@type』に加えて、近年では女性求人に特化した 『女の転職@type』が順調な成長を見せています。「明るく元気な職場」、「残業は多くても構わない」といった相性で検索できる 利便性の高さが評価されているほか、仕事で輝く女性のインタビュー記事、仕事選びのヒントとなる特集記事などを充実させる ことで正社員として成長したい女性の支持を集めています。前2016年9月期における『女の転職』の売上高は『@type』に肉薄 してきており、名実ともに同社業績を支える第二の柱になりました。これら強力な2サイトによって培われた『@type』のブランド 力は、人材紹介や転職フェアといった他の事業にも活用されており、各サービスが相乗効果を生み出しながら業績の底上げを 実現しています。今後も強みの分野を深掘りしながら、同社は着実な成長持続を図る方針です。

16.07.29からの続きです。


4Q決算では、今期業績予想は増収増益。ここ数年は投資回収期になりそう。


  • http://apl.morningstar.co.jp/webasp/pdf/weekly/2006073104_W_20161125.pdf

2016年11月28日月曜日

【投資アイディア】 年率5%の投資アイディア 2016年版

年率5%の投資アイディアまとめページ

次のNISA枠に備えて年率5%の投資アイディアを更新してみます。組入れ条件は年率5%の投資アイディアまとめページを参考にしてください。




と言う事でピックアップしました。配当利回りは16.11.28現在。

  • 8898 センチュリー21・ジャパン
    配当利回り 3.49%。
    不動産仲介業の仲介。センチュリー21という看板でサービスフィーを稼ぐモデル。不動産不況の時期でも安定した利益を稼ぎ出している。今後も大きく業績を崩すことは無いのではなかろうか。配当性向は50%程度を維持。流動性は少ない。
    ---
    文句なし。収益性も高すぎず低すぎず。増配傾向も高評価。
  • 1723 日本電技
    配当利回り 3.72%。
    空調工事の下請け。アズビルや大手空調設備企業の依存度高し。受注が入札ではなく特命受注という強いビジネスをしていましてこのセクターには珍しく前受金ビジネスをしてます。東京五輪と絡むので業績が落ちることはそうそう無いのではないかなと。この銘柄、昔から語ってましてお気に入り銘柄なのです =)。
    ---
    上方修正&増配。東京五輪に向けて状況は相変わらず悪くない。
  • 3834 朝日ネット
    配当利回り 4.00%。
    ネット接続業。概ね安定的な業績で高配当を維持。プロバイダーという業種では成長面では厳しいかも知れないが、残存者利益を享受できる可能性は高いとみている。広告費用も必要無くなるしね。
    ---
    去年より株価が落ちた分、配当利回りが高くなっています。投資期に入っており増収減益予想。悪くない。
  • 2417 ツヴァイ
    配当利回り 3.73%。優待イラネ。
    結婚仲介業。イオン子会社。従業員が少なく利益が高いビジネス。業績は安定しているものの参入障壁は低め。大人向けの前受金ビジネスで単価は高い。流動性は少ない。
    ---
    相変わらず、業績はヨコヨコでキャピタルゲインは期待できないもののインカムゲインの安定性を評価したい。イオンの貯金箱。
  • 5187 クリエートメディック
    配当利回り 3.69%。
    医療機器メーカーで消耗品。一定の売り上げは確保できるんだけど成長性でイマイチ感があって万年高配当銘柄になっている様子。高齢化社会になればもっと利用機会が増えるはずなのでもう少し評価されてもいいんじゃまいか、とは思ってる。
    --
    今期は円高要因で利益が出ている様子。増配しないのかなあ。
  • 9986 蔵王産業
    配当利回り 4.00%。
    清掃用具商社。機材は輸入品なので為替の影響を受けやすい。コンビニの清掃用具の多くを納品していて一昔、コンビニブームの陰で一度相場があったようです。アベノミクスでビルが建つ → ビルが建てば清掃用具が売れる → ウマーという単純聴牌系を描いてます =)
    ---
    輸入商社なので円高は有利に働くでしょう。商社故に安定性は抜群。
  • 6889 オーデリック
    配当利回り 3.58%。
    照明機器の開発・販売を行っている企業。積極的な中期経営計画を評価。高配当も評価に値する。東京五輪を加味するともう一歩成長できるのではないかと踏んでいる。同業他社の6932 遠藤照明と比べると安定さを持っているのもお気に入り。
    --
    業績はずっと上向きなのに相変わらず評価されない。なんでだろうねえ。
  • 2674 ハードオフコーポレーション
    配当利回り 3.61%。月次あり。新規組入。
    リユース店舗を展開。今期は8~9月の天候不良により下方修正。2015年は配当利回りでリストから落としたが、株価が下落しているので再度、リスト入り。小売業の中では悪くなっている印象はない。デフレ銘柄としても魅力あり。
  • 7561 ハークスレイ
    配当利回り 4.02%。月次、優待あり。新規組入。
    中食「ほっかほっか亭」を運営。ここ数年、開店より閉店が多く、月次も良くない。テコ入れ中。財務は良好。中食の魅力は高い。デフレ銘柄としても優秀。

  • 2408 KG情報
    配当利回り 3.85%。
    山陰・山陽地方でフリーペーパーを配布。財務良好というか殆ど現金。今期から投資期から収益期に切り替えたあたりを評価。フリーペーパー自体は、労働人口減少により広告効果が見込めないからか、人材不足の割に売上が伸びない状況の様子。無理をせずゆっくり配当を出す限り、キャッシュカウ銘柄としては優秀。

以下、次点。

  • 7847 グラファイトデザイン
    配当利回り 4.18%。
    ゴルフクラブの竿(シャフト)の部分を製造している企業。製造業故に大きく株価が動くのだが、それでも財務を見ると捨てるには惜しいと判断し、次点とした。配当は出せるだけの財務はあるのでこの点は心配していない。国内のゴルフ需要に左右されるのだが、2016年のオリンピックからゴルフが採用されており再度、人気を集める可能性があると見ている。勿論、東京五輪の特需も見据えている。
    --
    減配は無いようなので継続。
  • 3143 オーウイル
    配当利回り 4.03%。
    食品商社。安定した収益を評価。上場してからずっと配当利回りが高いのだが、裏を返せば評価されない状態が続いている。上場時には高成長を期待していたんだが、どうも伸び悩みが続いている様子。業種的には大きく崩れることは考えていないので次点とした。今後の業績の伸びが確認したい。
  • 4750 ダイサン
    配当利回り 3.87%。
    建築資材メーカー。財務に有価証券が多く含まれており、持ち合いと思われる同業の2445 SRGタカミヤの株や証券会社の営業に負けたのかどうしようもない投資信託が多く含まれており胸糞の悪い好財務を評価。シャープの社債とかマトモな経営者が組み入れる資産ではないだろう。コーラブル預金って単語、今回初めて知ったよ。アフォか。悪いおじさんたちに取り囲まれる可能性も考慮。
    --
    理由もなく次点に格下げ。
  • 2311 エプコ
    配当利回り 4.02%。新規組入。
    エネルギー事業に先行投資中。そろそろ投資期から収穫期に入るタイミングなので狙ってみたい。

--

3828 ニフティは非上場になってしまったので卒業。

8945 日本社宅サービス2814 佐藤食品工業2341 アルバイトタイムス9856 ケーユーHD9885 シャルレ1909 日本ドライケミカルは配当利回りが悪くなったので卒業させました。

6358 酒井重工業 - 今日の決算説明会さん

決算説明会(@gantky1)さん、まとめページ

6358 酒井重工業


酒井重工業は、ロードローラーを製造している企業です。四季報の同業他社に日工 (6306)







初めての決算説明会からか資料が初々しいですな =)。

トランプ相場の一環として株価を上げているようですが、米国の売上は全体の15%程度で特需と言うには少ない気がします。