2014年11月26日水曜日

4247 ポバール興業、5162 朝日ラバー、2222 寿スピリッツ - 今日の決算説明会さん

決算説明会(@gantky1)さん、まとめページ

2222 寿スピリッツ


寿スピリッツは、お土産屋さんに置かれているお菓子を製造している企業です。四季報の同業他社に2204 中村屋2217 モロゾフ2209 井村屋グループ

お土産ビジネスを行っている経営の思わしくない中小企業を買収してピカピカにするというのがビジネスモデルでしょうか。買収後、かなりの勢いで経営が上手く行き始めるのをみると、経営ノウハウが足りない企業が多い分野だったんだなと。

この銘柄は思い出深いですね。高速道路割引政策が出された時に、サービスエリアでお土産特需があるだろうという思惑で投資してました。珍しく思惑にバッチリ嵌りましたね =)。


海外旅行客への特需狙いですかね。確かに空港にもお土産屋さんはある訳で何らかの特需が発生してもおかしくは無いでしょうね。

いつものB/Sの確認。GMOクリック証券の財務分析より。


非の打ちどころがないですな。土地建物が大きいのは製造しているからでまあビジネス上、仕方のない所でしょう。利益で得た現金を長期借入金と相殺させて株主資本を伸ばしているのが分かるかと思います。

成長が一段落したあたりで配当やら自社株買いやらに資金を使うのかしらね。

---

纏めると、海外旅行客は是非掴んでほしい所ですね。海外メディアとかで取り上げられれば特需もあり得るでしょう。

お土産ビジネスは、成熟期から後退期に近いビジネスですが数多ある中小企業を束ねて効率化する事によって大きなビジネスにしていくというモデル、悪くないと思いますよ =)。


5162 朝日ラバー


朝日ラバーは、LED用のゴム素材を提供している企業です。四季報の同業他社に5184 ニチリン5185 フコク5196 鬼怒川ゴム工業


マイクロ流体デバイスがバズってテンバガーに着地したっぽいですな。


---

纏めると、財務カンケーネーw


4247 ポバール興業


ポバール興業は、工業用ベルトと電子材料の研磨剤を製造する企業です。四季報の同業他社に5186 ニッタ5195 バンドー化学5192 三ツ星ベルト

14/06にIPOし、程なく2Q下方修正を発表し、巷では上場ゴールのレッテルが張られそうな流れなのですが大丈夫でしょうか。主幹が東海東京というのもアレですし、名証2部スタートですし、不人気セクターである化学であったりと、上場した理由がイマイチ分からない。

同業他社としては、決算説明会さんの記述のニッタ・ハースから、ニッタに近いかもしれません。ニッタはニッタでまた興味深い企業なんですがね =)。





IR情報の説明会資料から抜き出してみます。


樹脂ベルトは5割、研磨剤が3割という比率ですね。

ぶっちゃけ樹脂ベルトの成長性はほぼ期待できないでしょう。そもそも利益率が高くはないですし、自動車産業絡みの高付加価値製品を持っている訳でもなさそうです。

注目すべきは電材で用いられる研磨剤の方です。この手の製品はプレイヤーが少なく、利益率が高い特徴があります。上記で触れられているニッタ・ハースの利益率も高く、ニッタの経常への貢献が高い企業でもあります。なんで連結にしなかったんだと(ry

サファイアガラスを磨くのに特化している研磨剤が興味深い。


上記はTouchIDという指紋センサー部分に使われたという話なのですが、iPhone 6でもサファイアガラスが採用されるのではと言う憶測が結構ありました。結局、サファイアガラスは採用されなかったのですが、2Q下方修正の原因であった「予定していた韓国メーカーへのサファイアガラス用研磨パッドの販売が頓挫」ももしかして遠因があるような、ないような。

いずれにしろApple Watchではサファイアガラスの採用は決まっているようですし、研磨する面積が広がるほど、研磨剤も消費されることになります。Apple特需は半端無いのは4627 ナトコのiPhone 5c特需を見ても明らかでしょう。

折に触れてネタになる事は間違いないかと =)。


---

纏めると、何で上場してきたんでしょうね =)。

VC絡みでもないですし、財務もいたって健全で自己資本比率が8割を超えてます。借金による資金調達が出来ない企業でもないでしょう。上場直後で資産バリュー銘柄とか、やっぱり何かがおかしいとしか思えないほど、上場した理由がさっぱり分からない。

古い人なのかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿