2018年2月22日木曜日

今日の雑談 (2/21)

太陽光発電で自転車操業しているところってあるんかな?


日本で導入が拡大する太陽光パネルが大量廃棄されるのを見据え、経済産業省が対応に乗り出す。2018年度から発電事業者による廃棄費用の積み立ての報告を義務化し、進んでいなければ改善命令を出せるようにする。中長期的には第三者が外部で積み立てる制度の導入を検討する。費用を十分に確保していない事業者が多いことを踏まえ、将来の不法投棄や放置を防ぐ。
-- 太陽光パネル 廃棄料積み立て義務化 経産省、改善命令も  :日本経済新聞

確かに太陽光で運用の話は聞くが撤収費用についてはあんま聞いたことが無いな。インフラREITの人の話では再利用するらしいけど。

事業で太陽光発電をやってる銘柄は注意が必要かもね。費用がロックされるようになると色々危ういで。


前受金ビジネスってメチャクチャ恵まれてるんよ?


前受け金ビジネスは業績が拡大する際、一時的に手元にキャッシュが増える。この手元資金の中には経費で将来支出する資金を含んでいることをしっかりと意識した資金繰り計画を立てる必要がある。だが、事業の拡大を優先して手元資金を流用してしまうと、後に資金繰りが破たん状態に陥る例をよく見かける。
-- はれのひ倒産に見る 前受け金ビジネスの危うさ  :日本経済新聞

前受金ビジネスが劣ってるようなタイトルにつられてしもうた。

そもそも前受金ビジネスは安定した経営ができるが故に経営者が糞化すると最悪な事態になるビジネスなんよ。だって先におカネが振り込まれるんだから資金繰りに悩むことがないんよ?これで悩むとなると浪費が多いか、計画性がないか、そもそも騙すつもり満々だったか、だろう。

このラクショーなビジネスに補助金ビジネスってのもある。これも経営者を甘やかす要因になるんだが、政府が補助金を細めただけでポックリ逝く経営者が多いこと多いこと。そもそも政府が生かさず殺さずのスタイルなのがアレということもあるんだがね。

ということで前受金ビジネスで危ういのは利用者の方で経営側ではない。


最近、発表を頼まれることが多くなって資料を作ってたらこんなんなりましたorz



諸事情によりお世話になっている方々へのお礼のつもりなのですが、割と時間がかかって泣ける。

先週あたりにまあコーセルを抑えれば次の投資アイディアに繋がるんじゃね?と思って資料を作ったものの、12月決算を見てて思いの外、エリアリンクが強気な業績予想を出してたので急遽資料を作り変えたんだけど、どうも先方はエリアリンクよりコーセルの方がお気に召したようでもう一体なんなんよ、、、

エリアリンクも短時間で説明したもののどうも食い付きが悪い。やっぱりTwitterで取り上げられるようなツヤツヤしたボラの高い銘柄のほうがいいんかねえ。ちょっと自信なくっしゃうよボキュ、、、

ということで決算説明会さんの方も随分、積み上がってしまってまして、日々申し訳ない気持ちと言ってる割にモンハンに時間を割くのはどうなんだと言われると面目ないというか、そもそも会社を辞めた理由はゲームする時間がないってのもあるんで、そんなん仕方ないじゃまいかーと言いたいわけです。

そんなせめてもの気持ちで8914 エリアリンク - 今日の決算説明会さんを書いたんだけど、やっぱり2時間半も掛かっており、モンハンで言うなら5回位狩りに行けたなあ(遠い目

2 件のコメント:

  1. いつも参考にさせていただいております。感謝です。

    返信削除